【長文レビュー】手書きメモをiPhone経由でデジタル化&クラウド送信「SHOT NOTE」を使ってみた

【長文レビュー】手書きメモをiPhone経由でデジタル化&クラウド送信「SHOT NOTE」を使ってみた

キングジムから発売されている「SHOT NOTE」を知ってますか? 手書きのメモを簡単にデジタル化できるという、画期的なノートなんです。今回、ちょっと試すことができたので、どんなものかご紹介します。

サイズはS、M、Lの3サイズ。それぞれ表紙が白と黒のタイプがあります。

110216SHOTNOTE02.jpg

ノート自体は、RHODIAのような方眼タイプ。ちょっと違うのは、用紙の四隅にマーカーがあることですかね。

110216SHOTNOTE03.jpg

実際にメモしてみました。基本的に1枚ずつ切り離して使うのがデフォルトです。このへんもRHODIAっぽいですね。紙はやや厚めで、ペンの滑りがよく書きやすくなっています。

110216SHOTNOTE04.jpg

ポイントは上部のこの部分。ここの枠にメモナンバーと日付を書きます。枠に沿って書きましょう。

ここまで終わったら、今度はiPhoneの出番です。

110216SHOTNOTE05.jpg

iPhoneでSHOT NOTEのアプリをダウンロードしましょう。無料です。タダです。太っ腹ですね。

110216SHOTNOTE06.jpg

アプリを起動したら、まずは「設定」をタップします。

110216SHOTNOTE07.jpg

「設定」では、Evernoteのアカウント設定などを行います。終わったら面画面に戻りましょう。

110216SHOTNOTE08.jpg

メイン画面下にあるカメラのアイコンをタップします。

110216SHOTNOTE09.jpg

撮影モードになります。このとき、画面上に表示される4つの枠内に、SHOT NOTEの四隅のマーカーが入るようにします。そしてカシャリと撮影します。

110216SHOTNOTE10.jpg

すると情報入力画面になります。タイトル入力やタグの選択を行います。このとき、SHOT NOTE上に記入したメモナンバーや日付がOCRで認識されます。これがなかなか便利ですね。

110216SHOTNOTE11.jpg

画面の何もないところをタップするとメモの全体が見られます。ちゃんと表示されてます。

110216SHOTNOTE12.jpg

再びメモ上をタップすると情報画面が表示されるので「保存」をタップします。

110216SHOTNOTE13.jpg

画面下にアイコンが表示されますので、一番右のアイコンをタップします。

110216SHOTNOTE14.jpg

メニューが表示されます。ここではEvernoteに送るので「Evernote投稿」をタップ。

110216SHOTNOTE15.jpg

設定画面でノートの選択をするように指定しておくと、ノート選択画面が表示されます。ノートを選択したら「送信」をタップしましょう。

110216SHOTNOTE16.jpg

送信完了。「OK」をタップして、SHOT NOTEアプリは終了します。お疲れさまでした。

110216SHOTNOTE17.jpg

ちなみに、撮影した画像はiPhoneのSHOT NOTEアプリ上にも保存されています。

110216SHOTNOTE18.jpg

それでは、Evernoteを起動して見てみましょう。同期が終了していれば、ノート一覧に表示されます。開いてみましょう。

110216SHOTNOTE19.jpg

ちゃんと手書きメモが確認できますね。下の方にスクロールしてみると...。

110216SHOTNOTE20.jpg

手書きで入力したメモナンバーや日付もちゃんとデータ化されています。個人的にはこの機能だけでピンピンきますね。

どうですか、SHOT NOTE。スキャナがなくても、手書きメモをデジタル化&クラウドに保存ということを実現できちゃいますよ。僕は手書き派なので、かなりうれしいですね。

なお、対応するのはiPhone 3GS/4。3Gとtouchは、オートフォーカスがないのと解像度が足りないので非対応となります。

お値段はLサイズが630円、Mサイズが451円、Sサイズが336円となります。専用カバーなども用意されていますよ。

手書きメモをデジタル化したいけど、スキャナは面倒だな...という人は、おすすめです。

SHOT NOTE[キングジム]

(三浦一紀)

    あわせて読みたい

    powered by