世界で1番大きな写真は世界で1番大きなピンホールカメラで撮りました

    世界で1番大きな写真は世界で1番大きなピンホールカメラで撮りました

    撮影されたのは5年前のこと

    いろいろなものの世界1の座は次々と入れ替わっていきます。が、世界1大きな写真はその王座を今のところ5年間守り抜いています。長く1位をキープし続けるものがあるってのもいいですよね。

    世界最大の写真The Great Pictureは、縦9.4メートル、横33.8メートル、重さ544キロ。80リットルの感光乳剤を使用して写真用紙を制作。2.2キロリットルの現像液と4.5キロリットルの定着液を使用して現像されました。このプロジェクトはThe Legacy Projectといい、2006年に行われました。

    巨大写真を撮影したのは、世界最大のピンホールカメラ、またの名を飛行機の格納庫。そう、巨大格納庫がピンホールカメラとして使用されたのです。撮影場所はカリフォルニア州のアーバイン。格納庫の壁に6ミリの穴をあけ、そこから35分間光をあてて撮影されました。

    大きな大きなデジタル写真もありますけれど、あちらは何百という写真が縫い合わされたもの。1枚画のこれにはかなわないですねぇ。アナログっていいなぁ、とふと思ったのでした。いつまでも世界最大でいてほしいですね。

    20110523worldslargestphoto01.jpg

    ※コメントありがとうございました。記事修正いたしました。

    [The Legacy Project via Pixel Analogo via PetaPixel]

    そうこ(Kat Hannaford 米版

      あわせて読みたい