66年目のオセロに異変!? 「オセロ・革命」7月末発売

    66年目のオセロに異変!? 「オセロ・革命」7月末発売

    オセロが最初に考案されたのが1945年だそうで、今年でなんと66年目になるそうです。

    66年というと...ほとんどのギズ読者の皆様の生まれる前から親しまれてきたことになるのでしょうね。

    そのオセロの進化版「~盤が動けばゲームも動く~ オセロ・革命」が7月末に発売されます。

    通常8x8の盤面が2x2のパネルで配置されているため、自分の置いた石が載るパネルを1つ動かすという新しい遊びができるそうですよ。

    詳しい遊び方の説明は以下になります。

    110621othello2.jpg

    いやはや、パネルが動かせるとなると...これまでのオセロにはない新しい戦略が必要になりますよね。この遊び方以外にも、以下の3つの遊び方があるようです。

    ・短時間で集中して遊べる「6x6 ミニオセロ」

    ・盤面の形を組み替えて遊ぶ「フリーオセロ」

    ・動くパネルで4目並べが楽しめる「Moving4」

    この「~盤が動けばゲームも動く~ オセロ・革命」は、素材・技術的に優れ新規性の高い玩具が選ばれる日本おもちゃ大賞2011イノベイティブ・トイ部門で優秀賞を受賞したそうです。オセロというと8x8の盤面でプレイするスタイルしか思い浮かばなかったのですが、盤面をパネル化することで新しい遊びを実現したところが評価されたのですかねぇ。

    ちなみに、遊び方の1つにあった「6x6 ミニオセロ」は携帯用ミニゲームとして7月中旬頃に発売するそうです。あれ? 66年目だから6x6 の盤面のミニオセロが生まれた...みたいな語呂遊びではないですよね!?

    東日本大震災以降、節電の関心が高まっているせいか、電気を使わないゲームが見直されているようですし、この夏は進化したこのオセロで遊ぶのもいいかも知れないですね。

    110621othello3110621othello4110621othello5110621othello6

    ~盤が動けばゲームも動く~ オセロ・革命[メガハウス]

    6x6 ミニオセロ[メガハウス]

    (KENTA)

      あわせて読みたい

      powered by