コンクリートを愛してやまないデザイナーが作ったスピーカー!

    コンクリートを愛してやまないデザイナーが作ったスピーカー!

    コンクリートとスピーカー? 聞いた事のない組み合わせです。。

    イスラエルのデザイナー Shmuel Linskiさんはとにかくコンクリートが好きで、ハイエンド・コンクリート・プロダクト・コンセプトシリーズを作っているんですが、その最新作がスピーカーです。

    コンクリートの堅さは音を歪めてしまうので、一般的にはスピーカーには向きません。普通スピーカーって木やプラスティックでできていますもんね。Linskiさんはこの問題をホーン型スピーカーを採用することで解決しました。ホーン型だと堅い方がよいそうです。内部にスピーカーを付け足す必要すらないんですよ。

    スピーカーの上部にあるドライバーは上から空気を取り込み、96cmのパイプを通って、ホーンの形をした下の出口から出てきます。

    重さは56kg! とっても重厚な仕上がりです。

    Shmuel Linskiさんは「コンクリートloverとオーディオマニアにとってニルヴァーナっぽい存在になればいいな。」とコメントしています。

    [Linski Design via Core77]

    Michael Zhao (原文/mio)

      あわせて読みたい

      powered by