この傘、骨組みが渦巻いているよ!? 神奈川の会社が5年の歳月をかけて渦巻き傘を完成させる

    この傘、骨組みが渦巻いているよ!? 神奈川の会社が5年の歳月をかけて渦巻き傘を完成させる

    神奈川県平塚市の「稲光産業」が渦巻状の骨組みを持つ傘を開発したそうです。

    傘で渦巻状の骨組みを作ることは難しく、5年間の試行錯誤の末、ようやく完成させたそうですよ。現在の傘が開発されたのが18世紀のイギリスだったそうなので、この新しい渦巻き傘が商品化され、世界中に普及すれば...3世紀ぶりの快挙になるんでしょうかね。

    渦巻き傘の特長は以下の3点だそうです。

    ・渦巻き状の骨組みを持つ傘は、世界初らしい

    ・強風を受けて裏返っても、すぐに元に戻せる

    ・通常の傘よりも、損傷しにくい

    横から見ると、こーんな感じで傘の先端部分が少し盛り上がっています。

    110704uzu2.jpg

    何でも、傘の先に余裕を持たせることで渦巻状の骨組みをキレイに折りたためることに成功したようですね。デザイン的にも、先端部分の盛り上がりがいいアクセントになっているような気もします。

    現在、国内大手の傘メーカーと商品化に向けた話し合いをしているそうで、早ければ来年の春にも店頭に並ぶことになるそうですよ。

    今年の梅雨には間に合いませんでしたが、来年の梅雨時台風時に活躍しそうです。この渦巻き傘が発売されたら1本買ってみようかな。

    世界初! 骨組みが渦巻き状の傘[exciteコネタ]

    (KENTA)

      あわせて読みたい

      powered by