もしかしたらベストバイなXperia。そんな「Xperia ray」

    もしかしたらベストバイなXperia。そんな「Xperia ray」

    arcユーザーとして「arcいくらで売れるかなあ」と本気で考えていることをお伝えしたく。

    ソニーエリクソンからこの夏ラストのショックウェーブ級のAndroidスマートフォン、「Xperia ray」が発表されました。画面サイズは3.3インチで重さ100g。カラーはピンクと白とシャンパンゴールド。発表会でも繰り返していましたが、女性をターゲットにしたウーマンズAndroidだそうです。

    でもナメちゃいけないな。男子だってちっちゃいモノは好きなんだぜっ!

    まあ単に小さいだけではここまでハートは揺さぶられません。アナタのその実力見せてよ!とタッチ&トライしてみたところ、これがまあ「本当にAndroidなのか」と思えるほどスムースに動くのですよ。

    110810-2-DSC_0810_R110810-2-DSC_0813_R110810-2-DSC_0816_R110810-2-DSC_0818_R110810-2-DSC_0822_R110810-2-DSC_0824_R

    コンパクトになったぶん、文字入力にはやや難あり。でも大きくなったホームボタンは使いやすいし、バックキー・メニューキーを押すにも指を大きく動かさなくて良いので快適です。

    CPUはSnapdragon MSM8255 1GHz。内蔵メモリは512MBでROMは1GBarcやacroと同じです。でも、僕のarcより明らかにスピーディ。チューニングが変えられたのかアプリあれこれ入れたからウチのコが遅くなったのか。

    バッテリー容量1500mAhとこれまだ同じ。ちっこいけどハイパワーでタフ。手に持った時の塊感もGOOD(エッジのメタルが効いてます)。くそう、いいものだ。これは。

    110810-2-DSC_0827_R110810-2-DSC_0829_R

    カメラ部も手抜かりなし。810万画素の裏面照射型CMOS"Exmor R for mobile"に加え、30万画素のインカメラも装備です。コンティニュアスAFだから被写体が動いていても問題ありません。

    音楽プレーヤーはウォークマンのテイストを受け継ぐユーザーインターフェースでこれまたよし。内蔵スピーカーの再生品質もなかなかのもの。オーディオ再生レベルを強調するxLoudを採用していることもあり、ディフォルメ感はあるもののメロディとリズムがよく伝わってくるチューニングがされています。

    あと1つ、大きな注目ポイントとしてテザリングが可能になりました。いいなあテザリング。ラブリーてざりんぐ。

    DSC_0761DSC_0771DSC_0773_RDSC_0772_RDSC_0775DSC_0776DSC_0778DSC_0780DSC_0781DSC_0782DSC_0783_RDSC_0785DSC_0786DSC_0787DSC_0788DSC_0789DSC_0790_RDSC_0792DSC_0793DSC_0794DSC_0795DSC_0796DSC_0797DSC_0798DSC_0799DSC_0800DSC_0801DSC_0802DSC_0803DSC_0804DSC_0805DSC_0806DSC_0807DSC_0808

    アクセサリー類も同時にキュートでキッチュでファニーでファンシーなアイテムがたくさん発売されるそうです。また後半のVIPなトーンのリアカバーは、KOBE COLLECTIONに参加するアパレルブランドやセレクトショップが手がけたもの。Xperia rayを購入したユーザーから抽選で1500名さまにプレゼントされます。B DONNAと22 OCTOBREなど、男性でも使えるアイテムもありますね。

    DSC_0645_RDSC_0652_RDSC_0653_RDSC_0656_RDSC_0662_RDSC_0664_RDSC_0668_RDSC_0669_RDSC_0731_RDSC_0733_RDSC_0735_R

    DSC_0837_R

    最後にXperia rayファッションショーの模様をどうぞ。最後の最後は長谷くんですが、資料セットに入っていたソニエリオリジナル扇子が可愛かったので、こちらも皆さまにも見て頂きたく。

    しかし、ほんと、arcいくらで売れるかなあ...。

    Xperia ray[ソニー・エリクソン]

    (武者良太)

      あわせて読みたい

      powered by