岡山大、光吸収率が従来の100倍の太陽電池を開発

    岡山大、光吸収率が従来の100倍の太陽電池を開発

    100倍て。すげーな。

    岡山大大学院の池田直教授らが、光の吸収率が従来の100倍以上太陽電池を開発しています。「グリーンフェライト(GF)」と名付けた酸化鉄化合物を使うそうです。2年後の実用化が目指されているとのこと。

    GF太陽電池はこれまで吸収できなかった赤外線も発電に利用できる可能性があります。赤外線は熱から出ているため、太陽光だけでなく、生活排熱などからも発電できるようになるかもしれません。

    さらにこのGF太陽電池はコストも低く、1キロワット発電するための電池をつくるために従来のシリコン製ではおよそ100万円かかりましたが、GF電池ならおよそ千円でつくれるそうです。また、従来のパネル状の太陽電池では難しかった曲げ伸ばしも可能なため、煙突や電柱に巻き付けるなどもできるようになります。

    街中の排熱で発電できるような未来が来るのでしょうか!?

    光吸収100倍の太陽電池を開発 岡山大、生活排熱で発電も[MSN産経ニュース]

    [池田研究室]

    The Sun by Mary Oliver[Literature 403 Tanit Lopez]

    (鉄太郎)

      あわせて読みたい

      powered by