宇宙から落ちて来たゴミが当たりました。ロケットの欠片でした

    宇宙から落ちて来たゴミが当たりました。ロケットの欠片でした

    すごい確率ですよね。

    宇宙空間にはたくさんの「ゴミ」が漂っていると言われていますが、まさかそのゴミの1つが地球に落下して人に当たるだなんて!

    米国オクラホマ州に住むLottie Williamsさん、Tulsaにある公園で友人と夜のお散歩を楽しんでいたところ、夜空に輝く火の玉のようなものを見ました。と、その後肩に何か当たりましたよ。

    Lottieさんの肩に当たって地面に落ちたアルミ缶程の軽さのこれ、宇宙のゴミ=Delta IIロケット、地球を1997年に飛び立ったロケットの欠片だったのです。もちろん、いくつかの研究所が欠片を分析してだした結果ですので間違いありません。

    宇宙からロケットの破片が落ちてくるなんて、それが当たるなんて、そして肩にちょんっと当たるくらいで大したことないなんて。すごい話だこと。

    [Fox News]

    そうこ(Kelly Hodgkins 米版

      あわせて読みたい

      powered by