茨城の理系女子高生が世界的大発見の快挙!(動画あり)

    茨城の理系女子高生が世界的大発見の快挙!(動画あり)

    茨城県立水戸第二高数理科学同好会に所属していた小沼瞳さん(19)らが行った実験が世界的大発見となりました。高校に在学していた2008年に行った実験で、偶然から新現象の発見につながりました。そしてその現象を論文にまとめたものが、この度アメリカの専門誌に掲載されることになったそうです。

    彼女たちが行なった実験は「BZ反応」というもの。水溶液が酸化と還元の反応を繰り返すことで、赤と青の交互に色が変わります。

    BZ反応の参考動画です。

    面白い! 不思議ですよね。

    で、そんな実験をやっていた小沼さんたちは、その日の実験が終わった後、器具を片付けないままカラオケへ。ちゃんと片付けないと先生に怒られちゃうよ...と思ったら、それが逆に功を奏し大発見へ。なんと月曜日に実験室へ戻ると、液が黄色くなっていたとのこと。実は、これは全く想定外だった現象。赤青の変化は一度止まるともう変化しないと思われていたのですが、しばらくするとまた反応が再開するという現象を発見しました。そして検証の末、きちんと「死んだBZ反応の復活」というタイトルの論文として仕上げたとのこと。素晴らしいですね。

    カラオケっていうのが高校生っぽくていい話ですよねぇ。映画化希望!

    ところで、僕は科学が超苦手なのでBZ反応てなんだっけと思ってググったら、超サイケな画像がワサワサ出てきてビビりました。何これカッコいい...。

    科学ってイイですね...。

    部活リケジョ、「化学」大発見、米誌に掲載へ[Yahoo!ニュース]

    茨城の女子高生が快挙![ - 化学者のつぶやき -Chem-Station-]

    Belousov Zhabotinsky reaction [Flickr]

    ベロウソフ・ジャボチンスキー反応[wikipedia]

    (鉄太郎)

      あわせて読みたい

      powered by