不要になったコンテナが大活躍。スターバックスの新店舗は環境に優しいよ

    不要になったコンテナが大活躍。スターバックスの新店舗は環境に優しいよ

    こういう使い方っていいなぁ。

    貿易などで活躍しているコンテナですが、もちろんいつかガタはきます。その時に廃棄処分するのは簡単ですけど、環境にも優しくないしコストもかかるしデメリットばかり。そこで、スターバックスは不要になったコンテナを再利用して新しくお店を作っちゃったんですよ。しかもオシャレな

    20120123starbucks2.jpeg

    こちらがワシントン州はタックウイラ(Tukwila)に新たに作られたスターバックスのドライブスルー店です。4つのコンテナーだけなので450スクエアフィート(約41.8平方メートル)程の広さしかありませんが(インテリア部分も含める)、バリスタが3人ちゃんと並ぶだけのスペースはあるみたいですよ。

    こうやって環境に対するコストを削減していくと同時に、スターバックスのサスティナビリティ(スターバックスが将来においてもカスタマーサービスを供給し続けられる可能性)を増加させていくという姿勢が他の会社にも広まっていけばいいですよね。

    スターバックスの環境への配慮に「イイネ!」。

    [ Protein ]

    河原田長臣(ANDREW TARANTOLA/米版

      あわせて読みたい