どんな世界なんでしょ...。SIGMAが4600万画素Foveon X3イメージセンサー搭載コンデジを発表(ギャラリーあり)(追記あり)

    • Twitter
    • Facebook
    • LINE
    • はてな
    • クリップボードにコピー
    • ×
    • …
    どんな世界なんでしょ...。SIGMAが4600万画素Foveon X3イメージセンサー搭載コンデジを発表(ギャラリーあり)(追記あり)
    Amazonブラックフライデーセール開催中!<いますぐ会場へ>

    発表ラッシュですね!

    今度はSIGMAの「DP1 Merrill」と「DP2 Merrill」が発表されましたよ。...ん、Merrill? となった方がいらっしゃるかもしれませんね。これは写真家のディック・メリル(Dick Merrill)さんからとったもので、彼はイメージセンサーの開発に大変貢献された偉人なんだとか。そんな彼の名前をモデル名に入れるぐらいですから、SIGMAの本気度が伝わってくるような気がしますね。

    それでは恒例のスペックチェックのお時間です!

    ・DP1 Merrill

    センサー:Foveon X3

    有効画素数:4,600万画素

    モニター:3インチ92万ピクセル

    レンズ:28mm(35mm判換算)F2.8

    最短撮影距離:20cm

    その他:ローパスレス、フォーカスダイヤルによるMF操作

    ・DP2 Merrill

    センサー:23.5×15.7mm Foveon X3

    有効画素数:4,600万画素

    モニター:3インチ92万ピクセル

    レンズ:45mm(35mm判換算)F2.8

    最短撮影距離:28cm

    その他:ローパスレス、フォーカスダイヤルによるMF操作

    ローパスフィルター無いんですよねー。しかも画素数4600万って凄いなぁ。表現力が素晴らしいことで知られているSIGMA、こちらもCP にて展示予定だそうです。

    ワクワク!

    20120208DP1m-hi-back20120208DP1m-hi-top20120208DP2m-hi-back20120208DP2m-hi-front

    ※ 追記

    FOVEONセンサーを搭載しているカメラでは、一般的なベイヤ配列の素子を用いるカメラの1画素にあたる面積で3画素分の情報を生成できるので、画素数を3倍した値が総画素数として表示されることがあります。

    [ SIGMA ]

    (河原田長臣)