サイバーエージェント藤田社長肝いり! 国産ビジネスSNS「intely」が広めるネットワーキングってなに?

  • Sponsored
    サイバーエージェント藤田社長肝いり! 国産ビジネスSNS「intely」が広めるネットワーキングってなに?

    早くはじめた人からいいことあるかも。

    FacebookにTwitter、Google と日々いろんなSNSに夢中になっている人も、そうじゃない人も、ビジネスの荒波を生き抜く手助けになるあたらしいSNSローンチしたのご存知ですか? 名前は「intely(インテリー)」といって、あのアメーバを運営しているサイバーエージェントがあたらしく手がけた実名のビジネスSNSです。しかもintelyは何やら同社の藤田社長肝いりのプロジェクトなんだとか...。

    intelyはこうやって使う

    120920_intely_11.jpg

    中身を見ていきましょう。これがintelyのトップ画面。ここはホームフィードといって、上のほうにある「今日の学びを投稿する」のボタンをタップすると現れるテキストボックスから今日の学びを投稿することができます。今日1日のなかで気づいたこと、思ったことなどを書き込んでみましょう。これがintelyの基本です。TwitterやFacebookに同時ポストすることもできますよ。

    ここには自分のポストに加えて、フォローしている人の投稿した学びが表示されます。ポストした学び毎にFacebookの「いいね!」に相当する「アグリー」をしたり、コメントをしたりすることができますよ。このホームフィードの使い方はなんとなくFacebookなんかと似ているからすぐに馴染めそうですね。intelyにはPCのブラウザからアクセスするPC版もあって、そちらもスマホテイストのUIになっているのでわかりやすいですよ〜。こう考えるとintelyって元がスマホ志向のサービスって感じがしますね。

    120920_intely_10.jpg

    ユーザーの今日の学びに加えて、intelyは効率よく情報収集ができるように公式ニュースアカウントもあるんです。ビジネスに役立ちそうな様々なメディアのアカウントが記事を配信しているので、RSSリーダーのように使うこともできますよ。ギズモードの記事も配信しているのでぜひフォローしてくださいねー。

    120923_intely13.jpg

    それからここ注目。人気ユーザーのランキング画面です。画面左上に見えるサイバーエージェントの藤田社長はじめ、フォローされている数の多いアカウントが並びます。プロフィール欄に「取締役」とか「ハリウッド大学」のような言葉が見える限りさすが人気アカウントって感じ。普段生活していたら話す機会すらない人たちのポストを見るのはもちろん、アグリーをしたり、コメントもつけたりするのもカンタンにできます。こうやってビジネスの場の著名な方と交流することができるんです。サービス開始から間もない今のうちは、もしかするとたくさん交流できちゃうチャンスかもしれませんよ。

    ネットワーキングで業界のコネがつくれる?

    120919_intely_05.jpg

    そしてintelyのいちばん大事な部分で、藤田社長が最もこだわった部分だという「ネットワーキング」。ネットワーキングは「コミュニティ」みたいなものだと思えばわかりやすいと思います。業界や職種毎にさまざまなネットワーキングがあるので、自分が今いる業界、気になっている業界や、これから自分が進みたいと思っている業界のネットワーキングでコミュニケーションをとることができるんです。

    ネットワーキングが業界毎にカテゴリ分けされていることで、その業界にいる人や興味のある人の生の声が聞けるというのはintelyの大きなアドバンテージ。業界の現場の人と直接話ができるってすごいダイレクト感ですよ。ほかのSNSではなかなか出せないような硬めの話題を出せたり、より専門的な話が聞けたりするのもビジネスSNSならではの利点です。ただintelyはオープンなSNSなのでそこは使い方を気をつけたいところ。

    120919_intely_07.jpg

    いま人気があるネットワーキングはintely自体のフォーラムにつづいて、「ネットメディア業界」、「携帯電話業界」あたりのネットワーキングの参加人数が多いみたいです。

    intelyに参加して自分がいる業界や、気になる業界のネットワーキングをチェックしているだけでも有用な情報を手にすることができるかもしれないですね。しかもそこを見ているのは自分と同じくその業界にいる人や、興味のある人。つまりintelyのネットワーキングでいろんな人と交流しておくとそれが直接セルフプロモーションに繋がったり転職活動に繋がったりするかもしれないんですよ。これってビジネスシーンを生き抜くなかでめちゃくちゃ武器になるかもしれないって思うんです。だってその業界の人と直接繋がれちゃうわけですから。

    intelyは今月正式版がローンチしたばかりなので本領発揮はまだこれから。自分をビジネスの場のネットワーキングと繋げておくサービスとして今後に期待ですね。早めに参加してどんどんネットワーキング広げるといいですよ〜。

    120919_appstoreicon.jpg


    120919_googleplayicon.jpg

    intely

    (鈴木康太)

    あわせて読みたい

    powered by