18歳の誕生日に「液体窒素入りカクテル」飲んだ少女、胃を切除される

    18歳の誕生日に「液体窒素入りカクテル」飲んだ少女、胃を切除される

    誕生日って、いつもと違うことが普通に起こりますよね。でも、これはいくらなんでも普通に起きちゃいけないことでは...。

    英国の少女が18歳の誕生日を迎えたその夜、緊急手術で胃を切除されてしまいました。いったい何が起きたのか? なんと彼女は「液体窒素入りカクテル」を飲んでいたのです。

    液体窒素はマイナス196℃という非常に低温な物質で、摂取すると勢いよく気化するため体内に深刻なダメージを与えてしまうことがあります。しかし、ドリンクを瞬時に凍らせたり、グラスのまわりにモコモコと蒸気を漂わせるような演出を行うために、液体窒素を使っているバーもあるんだとか。見た目はイイ感じかもしれませんが、体に致命傷を負わせるような演出ってそもそもどうなんだって話ですけど。

    病院に運ばれたゲイビー・スカンロン(Gaby Scanlon)さんは、液体窒素を用いて作られたイエーガーマイスターのカクテルを飲んだ後に気分が悪くなり、呼吸困難とひどい胃の痛みを感じ始めました。病院では胃穿孔(いせんこう/胃に穴があいた状態)と診断され、警察の話では、すぐに手術を受けなければ死に至る可能性もあったとか。胃を切除することで、なんとか一命をとりとめたそうです。

    ところで、胃を切除した後はどうやって生活していくのでしょうか? BBCによると、胃を失った人も普通に飲み食いできるのだそうです。ただし、切除した部分に配慮して、ビタミンのサプリメントを摂取する必要があるそうですが。ゲイビーさんも、うまくいけばきちんと回復する可能性はあります。

    それにしても、ちょっと怖いですよね。普段何気なく飲み食いするとき、液体窒素が使われていないか気をつけた方がよさそうです!

    [Guardian, BBC]

    Casey Chan(Rumi/米版

      あわせて読みたい

      powered by