Googleの壮大な失敗プロジェクト9つ(動画あり)

Googleの壮大な失敗プロジェクト9つ(動画あり)

Googleは先日Chrome上で友だちと演奏ができる「JAM」を公開しました。

すっごい楽しい!かっこいい!って一度は思います。でも次の日にはこんなサービスのことは忘れ、2度と訪れることは無い人がほとんどでしょうね。

もう忘れ去られているけどGoogleはこういうプロジェクトを過去に何度もやっているんですよね。斬新なアイデアにかなりの予算がついて開発してサービスが公開したはいいけど、結局誰も使わず終わる...みたいな。Googleだからこそできる大小様々なプロジェクトの壮大なトライアンドエラー

今回、莫大な予算と時間がかかっていそうな割には「ああ、こんなサービスあったなあ」となってしまったGoogleのプロジェクト9つを紹介してみます。

Google Wave

Google Wave...覚えています?

Eメールにとって代わるものであり、そしてEメールよりより良いものになるはずだったのが...即サービス終了と相成りました。

Nexus Q

20121112_google9_2.jpg

今年の夏にGoogleが発表したNexus Q

あまり話題になったような気はしませんが..これは随分斬新です。この独特なデザインの丸い物体、テレビやスピーカーと接続しAndroid端末からGoogle PlayやYouTubeアプリを使って無線で操作するもので「世界初のソーシャルメディアストリーミングプレイヤー」なのですよね。確か。

でもこれを買っている人は見たことないんですよね。

Pool Party and Disco

20121112_google9_3.jpg

Pool Party...え...?プールでパーティー?

ああ、Pool Partyという名のアプリをGoogleが作っていましたよね。Googleに買収されたSlideチームが作った、グループに写真をシェアしたりできるグループメッセージングアプリでした。1億8700万ドル(約149億円)でSlideを買収したものの、アプリの開発コストに予算はつかなかったようで、Pool Party はまともに始まる前に終わってしまったみたいですね。

Google Buzz

20121112_google9_4.jpg

Google BuzzはTwitterのような機能がGmailに追加、Google ユーザー同士で気軽なコミュニケーションができる...というものでした。

本名や現在地の位置情報といった個人情報をうっかり公開してしまうなどのプライバシー問題がありましたね。Google Buzzは、使わないままいつの間にかGoogle に統合されましたが、そのGoogle も意識してないとすぐに忘れてしまいそうです。

Cinemagraph イベント招待状

20121112_google9_5.jpg

写真に少し動きがGIFアニメーション「cinemagraphs」良いですよね、素敵ですよね。

Google Plus でイベント招待時、すごくお洒落な招待状を送ることができる機能があります。イベントのテーマごとに用意されたCinemagraphsの写真つきのコレクションから選んだりできます。ところでこのGoogleのお洒落な招待状を受け取ったことがある人、いますか?

Google Goggles

20121112_google9_6.jpg

Google Gogglesは、ランドマークや絵画、その他いろいろな世界の情報など、カメラで撮影した画像を解析して、画像に関連する情報を検索してくれるアプリ。

ものすごいテクノロジーだと思います。でも、やっぱり使わないんですよね。

Mail Goggles

20121112_google9_7.jpg

Mail Googlesをオンにすると、週末の夜遅くにのみ稼働、本当に深夜にメールを送りたいかどうかを確認してくれるし、また自分がまともな精神状態か判定するために簡単な計算問題が表示されます。元カノや上司に酔っ払いメールを送らないための機能。

これはきっと必要な機能だし、人生をより良くするに違いないです。Googleも気の利いた機能を提供してくれるものですね。うん、でも実際に使ったことは1度も無い。

Google Glass

20121112_google9_8.jpg

Google Glassはみんな非常に期待していると思います。

ターミネーターみたいでアイアン・マンみたいでカッコいいです。1度は絶対使ってみたいと思うはず。いやいや、でも実生活でこのGoogleグラスを常に着けていたいと思います? もし販売開始したとしても、テクノロジー的な問題...バッテリー容量もそうだし、目からあまりに近い場所に大量の情報が現れるのが果たして実用的かどうかが微妙です。

Google無人自動車

20121112_google9_9.jpg

無人自動車...これは未来のテクノロジー。

ドライバーがいなくても車が自動で走りだし、目的地まで安全かつ快適に運んでくれます。世界はきっとこういう方向にいくのだと思いますが、実現するまで多くの時間やリソース、キャッシュが必要なのはどう見たって明らか。失敗に終わらせない様に頑張って欲しいです。

mayumine(Kyle Wagner 米版

    あわせて読みたい

    powered by