ログの威力すげー! チームの行動をスマホで管理できるアプリ「GPS Punch!」でギズの休日を丸裸にしました

  • Sponsored
    ログの威力すげー! チームの行動をスマホで管理できるアプリ「GPS Punch!」でギズの休日を丸裸にしました

    ログの一元管理で、いろいろ捗る!

    みなさん、おつかれさまです。お仕事まいにち忙しいなか、勤怠管理ってどうやってますか? そのときは忙しくて後回しにしてしまって、あとでまとめて報告したとき「あのときこうしてたらうまくいったのに」なんて思うこと、上司から言われたこと、あったりしませんか?

    レッドフォックス株式会社が提供するGPS Punch! というビジネスツールは、スマホのアプリを使って位置情報を含んだ勤怠管理や業務報告がカンタンにできて、管理する側のマネージャーさんも社員の行動をリアルタイム一元管理できるサービス。

    スマホアプリの開発を行ったり、数々の作品で有名な押井守監督などが登場するユニークな採用ビデオをつくったりしている、レッドフォックス株式会社の手がけたGPS Punch! がどんなものか、見ていきましょう。

    スマホアプリを使ってカンタンに報告できる

    121022_gps_012.jpg

    これはiPhoneでGPS Punch! のアプリを起動したところ。出退勤の報告をしてみましょう。画面の「出勤」のところをロック解除とおなじように左から右へフリックします。はい。これだけで完了です。

    121024_gps_22.jpg

    業務報告だってカンタンです。黒帯のところに表示される「作業開始」「作業終了」「訪問」などのステータスをタップするだけ。これも位置情報と時刻がセットになっているので、いちいち「何時にどこで〜してました」っていう報告をする必要がないんです。

    カンタンに報告できることと、リアルタイムに共有されること、そしてそれを一元管理できるってところが強みですね。

    では、実際にGPS Punch! を使ってみましょう...と言っても僕ひとりじゃどうしようもないので、編集部のみんなに協力のお願いしました。今回はちょっと趣向を変えて、平日よりは出歩くであろう休日に編集部みんなでGPS Punch! を試してみましたよ〜。

    GPS Punch! を使ってギズ編集部の休日のようすを公開します

    121023_gps_line.jpg

    GPS Punch! の管理機能を使ってギズ編集部の休日のようすをちょっとだけ明らかにしちゃおうと思います。とある休日、全員のスマホにGPS Punch! をインストールして、1日過ごしてもらいました。

    今回は休日のようすなので、業務報告のステータスを初期設定のものから変更しました。「出勤」を「起床」に変えたり、そのほかも「ごはん・カフェ・買いもの」など、休日に合わせました。

    121022_gps_web.jpg

    こちらがその管理ページ。ユーザーの位置情報を閲覧したり、グループ管理をしたり、さきほど紹介したステータス名を変更したりできます。

    地図表示で居場所がわかる

    121022_gps_map.jpg

    それでは編集部の休日を公開していきましょう。こちらが当日の編集部の居場所を示す地図表示です。

    地図上に立っているピンは、それぞれの報告のときの場所と、トラッキングをオンにしていると自動で報告される位置情報。一元管理のおかげで横浜だったり、千葉の奥の方だったり、ふだんはインドアなギズ編集部の、意外とアクティブな一面を見ることができています。

    121022_gps_suzukimap.jpg

    これは僕が豊洲まで映画を見に行ったときの報告です。地図上に立っているピンをクリックすると時刻、ステータス、住所、コメント、さらに写真を撮っていることをお知らせするカメラのアイコンが確認できます。

    このときは「テレビ・映画・ゲーム」のステータスを選んで写真とコメントをつけて報告しましたけど、操作が簡単なのでツイッターにつぶやくくらいの感覚でできちゃいます。報告が手軽なのはうれしいですよ。

    ちなみにこのとき見たのは某魔法少女の映画でした。前編2回目。オープニングの頬ずりとか「あたしって、ほんとバカ」の名台詞のとこは何度見てもぐっときますよほんと。後編ももう1回見に行きます。

    121022_neilmap.jpg

    こちらは編集部員のフラハンが13時39分に丸の内三丁目で行った報告の写真。ステータスは「ごはん・カフェ・買いもの」で、「骨董市で寄り道」とコメントがついていました。

    この住所で骨董市というと国際フォーラムかなぁって思って、あとから本人に話を聞いたら大当たりでした。フラハンは絵が上手だったりする芸術系っぽいところがあるので、それらしい過ごし方してますね。それから千葉の奥の方に足を伸ばしてたのも彼でした。

    121022_kawaharadamap.jpg

    次は編集部員の河原田がコリアンバイキングを楽しんだ様子を報告しています。ステータスのところを見てください。誰か使うかなぁと思ってネタ的に入れた「リア充」を選んでます。

    確かに大阪から来てくれた友だちとバイキングはリア充ですね。なかなか充実した休日を過ごしていたみたいです。

    時系列のリスト表示もできる

    121022_timeline.jpg

    ここまで地図表示で見てみましたが、管理ページでは地図表示だけではなく、時系列順のリスト表示もできるんですよ。

    リストを眺めたら、さきほど紹介した河原田がバイキングを楽しんでいるのとほぼ同じ時間に、松葉副編集長が銀座でカンパチのサラダを楽しんでいたことがわかりました。

    121022_matsubamap.jpg

    その様子がこちら。なにやらちょっといいお店でごはんのよう。大事な大事なお食事会だったようで、この数分前の報告で緊張していることをコメントしていましたよ。

    地図表示とリスト表示はタブでカンタンに切り替えられるので、見方を変えることでこのように気づくこともありそうです。

    121022_gps_csv.jpg

    さらにもっと細かくデータを見たいという方のために、管理ページから報告をcsv形式でダウンロードすることもできますよ。

    いろいろソートして調べられるので、試しにステータスが「リア充」の報告を見てみたら河原田のほかに、大野編集長がリア充になってました!

    121022_gps_oonomap.jpg

    その大野編集長が行っていた場所は横浜の赤レンガ。写真はあとから頂いたものなんですが、秋晴れのいい休日を過ごしたんだろうなってことがわかります。

    こうやってcsvで書き出すといろんな見方ができますよ。これもデータが集約されている一元管理の強みです。

    業務の最適化にも使える勤怠管理ツール

    GPS Punch! を使って編集部みんなの休日の過ごし方を見てみると、当たり前ですけど、休日はそれぞれ思い思いに羽根を伸ばしてるんだなぁってことがわかりました。この管理機能を業務で使ってみたらチーム内のふだん見えない部分が見えて、業務の最適化ができたりしそうです。

    でも正直、この日はたまたまアクティブに動いてただけで、だいたいの休日は家から一歩も出ないで、ほぼディスプレイの前から動かないなんてこともザラです、みんな。僕もそうでもしないと1週間に20本もアニメ見れないですもん。←

    もうひとつリアルタイムで管理できる点もGPS Punch! の強みのひとつです。スマホで業務報告を行ったあとすぐに管理ページに反映されるので、グループメンバーはメンバーの様子をリアルタイムで把握できます。

    アプリの使い勝手はわかりやすくカンタンなので、勤怠管理を楽にしてくれそうです。初期費用の6万円と、月額費用として従業員ひとりあたり500円の費用はかかりますが、勤怠管理をカンタンに、それも便利な一元管理で行うメリットは大きいですよ。

    あなたのチームでの導入も検討してみてはいかがでしょうか。無料トライアルも用意されているみたいです。

    GPS Punch!

    レッドフォックス株式会社, Twitterアカウント, Facebookページ

    (鈴木康太)

    あわせて読みたい

    powered by