ニューヨークに現れた56kmにも伸びる希望の虹

    ニューヨークに現れた56kmにも伸びる希望の虹

    雨のあとには美しい虹が架かる。

    ニューヨークに大規模な被害をもたらした「ハリケーン・サンディ」。その被害を風化させないため、アーティストのイヴェッテ・マターン(Yvette Mattern)氏がレーザー光線を使った虹をニューヨークの空に出現させました。

    マンハッタン、ミートパッキングエリアに位置する「The Standard, High Line Hotel」の屋上から7色のレーザー光線を照射。そのレーザー光線が届く距離はなんと56km(35マイル)! しかも、このレーザー光線で使われる電気量は、なんとヘアドライヤー2個分というから驚きです。

    そんな少量の電気量で生み出された虹を、兄弟メディアのルーミーでは多数の写真付きで詳しく紹介していますので、是非どうぞ。これでイーストコーストに住んでる人が少しでもハッピーになればいいなぁ。

    ※ 一部修正致しました。ご指摘有り難うございました。

    ニューヨークに表れた56kmにも伸びる希望の虹[roomie]

    (ギズモード編集部)

      あわせて読みたい