驚愕! 3Dプリンターの失敗作品を一挙公開

    驚愕! 3Dプリンターの失敗作品を一挙公開

    もはや現代アートの域

    頭蓋骨ヘッドフォン、はたまた銃までもが制作されるほど、3Dプリントの世界は進化しています。でも実際には、素晴らしい出来栄えの製品ばかりができるわけではありません。制作者ならなおさらで、想像していたモノに仕上がらない可能性だってあります。

    3Dプリンティングには技術や経験が必要です。だから失敗することだってあるのです。では3Dプリンターではどんな風に失敗するのでしょうか? ここでは誰もが目を覆いたくなるような失敗作をご紹介します。

    201306103d01.jpg
    Image credit: Flickr

    笛のような形をしているけど、笛じゃない。

    201306103d02.jpg
    Image credit: Zheng3.com

    最初は何かの動物ができるはずだったけど。。。少なくとも4本足で立ったね。

    201306103d03.jpg
    Image credit: Flickr

    頭蓋骨になる予定だった物体。この写真は、Flickrの「3Dプリンターで失敗した作品集」グループから。

    201306103d04.jpg
    Image credit: Cunicode

    どうしたらこんな横穴が開くのでしょうか? この車は、3Dプリンターの失敗作を集めた「Beautiful Failures」という本から。

    201306103d05.jpg
    Image credit: Flickr

    これはウォルト・ディズニーの肖像になる予定でした。目を細めてよく見ていると、ディズニーの輪郭が見えてくるかもしれません。

    201306103d06.jpg
    Image credit: FailThing

    3Dプリンターで作ったグラスは気をつけてお使いください。

    201306103d07.jpg
    Image credit: FailThing

    フクロウということは分かるのですが、肝心の頭の部分が完全にありません。

    201306103d08.jpg
    Image credit: RichRap

    3Dプリンターを使う際には十分に材料を用意しましょう。

    201306103d09.jpg
    Image credit: BetaBeat

    iPhoneを収納できるハイヒールがありましたよね? この製品は完成品なのですが、見た目が失敗だったかも。

    LESLIE HORN(米版鴻上洋平

      あわせて読みたい

      powered by