パソコンとWi-Fi接続で高速スキャンできる「ScanSnap iX500」を試してみた(動画あり)

パソコンとWi-Fi接続で高速スキャンできる「ScanSnap iX500」を試してみた(動画あり)

ギズモードをご覧の皆様、ご機嫌麗しゅう。OZPAの表4のおつぱ( @OZPA )です。

手元にある書類や裁断した本をガッシガシスキャンできる最強機器、それがScanSnap。本日は、先日のアップデートでパソコンとのWi-Fi接続を実現させた「iX500」についてその手順と、実際にスキャンを行ってみた動画をご紹介いたします!

Wi-Fi接続の手順

■ファームウェアアップデートを行おう

130625ozpa00.jpg

まずはこちらの公式サイトよりScanSnap Manager (Windows / Mac OS) を最新版にアップデートします。アップデートの際はiX500とPCをケーブルで接続しておかなければいけません。

130625ozpa01.jpg

130625ozpa02.jpg

ダウンロードしたパッケージを解凍、手順にそってアップデートを行います。

130625ozpa03.jpg

完了!

■無線設定

130625ozpa04.jpg

次に、iX500の無線設定を行います。ケーブルは接続したまま、ScanSnap背面のWi-Fiスイッチをオンに切り替え、ルータが起動していることを確認しましょう。

130625ozpa05.jpg

アクセスポイント・ルーターの設定など、適宜行います。基本的には続けるをクリックしていけばいいでしょう。

130625ozpa06.jpg

これにて無線設定が完了!

130625ozpa07.jpg

USBケーブルを力の限り引き抜き、ScanSnapマネージャーから「Wi-Fi接続」を選択...。

130625ozpa08.jpg

iX500と接続すれば準備完了です!! さぁ! いよいよWi-Fiにてスキャニングを楽しむべし! 楽しむべし!

無線でのスキャンをやってみた

Wi-Fiによるスキャン。気になるのはその速度では無いでしょうか?

と言うわけで、Wi-Fi接続によるスキャンの速度がいかほどなのか、動画を撮って検証してみました。

スキャンに使用したのは私が敬愛するタレント、伊集院光さんのエッセイ「のはなし」です。

スキャンがあまりに順調なので非常に単調な動画となってしまいました。

スキャンの最中に火花が散ったり、用紙が5mくらい飛んでいったり、たまに細切れになって出てきたりしたら盛り上がるのですがそうはいきませんでした。

と、言うかスキャンが順調に進んでいるのはとても良いことですけど。

iPad miniとの無線接続で自分の名刺を無駄にスキャンした時にも感じましたが、驚かされるのはそのスピード! 有線接続の際と変わらず、非常に高速度でのスキャンを実現してくれています! いやぁ、おみそれしました。

これで、無線LANの届く範囲内でコンセントさえあれば自由にScanSnapをレイアウトすることができますね。使用する側に立った、素晴らしいアップデートだと感じます。

と、言うわけで「ScanSnap iX500」とPCのWi-Fi接続によるスキャンのご紹介でございました!

ScanSnap iX500[富士通]

参考:新型ScanSnap「iX500」レビュー|Wi-fiによるスキャンが可能、高速読み取りを実現。 , 自炊に最適!カール事務器 ディスクカッター DC-210Nを購入しました(動画ありレビュー)

(OZPA)

    あわせて読みたい

    powered by