美しいバクテリアの世界へようこそ

美しいバクテリアの世界へようこそ

ミクロ世界のアート。

バクテリアの繁殖スピードはとても早いのです。目に見えないくらい小さなものなのに、人間が思うよりずっと早いスピードで増殖する、それがバクテリアです。

ケンブリッジ大学のポスドクFernan Federiciさんが、素早いバクテリアの繁殖状況から一瞬を切り取った作品を公開しています。そのあまりに美しく芸術的な様子は、言われなければ、これが自然の菌だなんて誰も思いませんよね。プロジェクトは、建築家のDavid Benjamin氏のアイディアの元に行なわれました。

ケンブリッジ大のHaseloff Labにて、Jim Haselff氏と共に、共焦点顕微鏡を使って植物組織の細胞の成長を写真に収めたのがこれ。細胞の作りがどのように、全体の形のデザインに影響しているか、又科学の力でバクテリアの成長をコントロールし特定の組織を作ることができるのか、ということにFedericiさんは興味を持っています。ミクロサイズでの細胞の働きは、メートル単位の組織作りにどう影響するのでしょう。

20130712beautyofbacteria01.jpg

植物の細胞壁にある遺伝子発現のレシオメトリック測定

20130712beautyofbacteria02.jpg

枯草菌、土の中にある枯草菌を蛍光タンパク質で色づけしたもの

20130712beautyofbacteria03.jpg

乾燥したゲル

20130712beautyofbacteria04.jpg

クリムトと呼ばれる植物細胞のパターン

20130712beautyofbacteria05.jpg

植物組織

20130712beautyofbacteria06.jpg

植物組織

20130712beautyofbacteria07.jpg

20130712beautyofbacteria08.jpg

Benjamin氏とFedericiさんのコラボ

20130712beautyofbacteria09.jpg

大腸菌

ここで紹介したのは、ほんの一部。もっと見たい方はFerericiさんのFlickrでどうぞ!

[H/t But Does It Float?

そうこ(KELSEY CAMPBELL-DOLLAGHAN 米版

    あわせて読みたい

    powered by