カルフォルニア州サンノゼに、サムスンの巨大な新社屋建設開始

カルフォルニア州サンノゼに、サムスンの巨大な新社屋建設開始

サムスンセミコンダクター社の巨大な新社屋の建設が始まりました。場所はアメリカ・カルフォルニア州サンノゼで、敷地面積は約10万2200平方メートル。研究開発や営業に携わる2000人の従業員が勤務する新しい建物は2015年に完成予定です。

20130711_samsung02.jpg

この建物の設計を請け負った老舗の会社NBBJによれば、構造は長方形のレイヤー構造で、植物とオフィスが重なっているようなデザイン。中はドーナツのように吹き抜けになっているそうです。

20130711_samsung03.jpg

20130711_samsung04.jpg

研究開発部門と営業部門がアトリウムで分けられています。

20130711_samsung05.jpg

10階建てのオフィスビルに4階建ての駐車場、フィットネスセンター、バスケットコート等アメニティー施設が入るそうですよ。

ちなみに、このサムスンセミコンダクター社の新社屋は、2016年移転予定のアップル新本社の近くです。

mayumine(KELSEY CAMPBELL-DOLLAGHAN /米版

    あわせて読みたい

    powered by