歩兵の救出もできちゃう無人戦闘車両ロボのコンセプト動画

歩兵の救出もできちゃう無人戦闘車両ロボのコンセプト動画

リアルタチコマ?

紛争地帯にはどんな戦闘車両が必要なのでしょうか。ロシアのDahir Insaatが出した答えが、こちらの次世代UGV(無人陸上車両)のコンセプトPVにありました。

インホイールモーターにノーパンクタイヤを履かせた6輪駆動車両に、抵抗勢力の使用武器認識&自動反撃機能を搭載、全周囲をカバーする複数のカメラにはスライド式のフィルターを用いており割れたときでも自動交換できる、レゴブロック的装甲でダメージを受けた場所の交換も簡単…といったスキルの持ち主です。

130813-130813-Image17.jpg
1機150psのインホイールモーター。

130813-130813-Image85.jpg
段差を利用して立ち上がり、接地している2輪で超信地旋回が可能。

130813-130813-Image36.jpg
車体、砲塔に10台を超えるカメラを内蔵。

130813-130813-Image43.jpg
360度全方位をカバーするサウンドセンサー。

130813-130813-Image49.jpg
攻撃に使われた兵器を判別、銃撃された方角に自動反撃。

130813-130813-Image54.jpg
2連装の7.62mm機関銃。

130813-130813-Image57.jpg
主砲はまさか…レールガン?

130813-130813-Image61.jpg
後部には収納式のミサイルランチャーも。

130813-130813-Image71.jpg
戦いながら救難信号の発信元に。

130813-130813-Image74.jpg
折りたたみ式のカンオケ救命ボックスに入ってもらったら、戦場を脱出。

130813-130813-Image93.jpg
敵勢力発見時は、お互いに砲塔を向き合わせて相談。UAVからの情報提供も加味した上で攻撃に。

あくまでコンセプトではありますが、縦断砲撃飛び交う戦場から、無事に兵士を救出するといった機能がもたされている点は素晴らしいですね。何度か見ているうちに可愛くおもえてきちゃうのも、また。

YouTube, Dahir Insaat via ニコニコ動画

(武者良太)

    あわせて読みたい

    powered by