なんでも作れるレゴで、なんでも作れる3Dプリンターを製作!(動画あり)

なんでも作れるレゴで、なんでも作れる3Dプリンターを製作!(動画あり)

自分で作っちゃうなんて!

アメリカでエンジニアを専攻しているマシュー・クルーガー(Matthew Krueger)さんは悩んでいました。最近世間を賑わせている3Dプリンターを自分も使ってみたい。けれど彼は学生の身、高額な3Dプリンターを購入するお金なんてありません。

それならば、と彼が取り出したのは大量のレゴ。買うのが難しいなら自分で作ってしまえばいい。そうして出来上がったのがレゴで作られた3Dプリンター「LEGObot」です。

果たして、実際に動かすことはできるのでしょうか…?

お見事!

カタカタと機体を動かしながら、確かに3Dプリンターとして「印刷」できてます。ちなみに「LEGObot」は通常の3Dプリンターと異なりプラスチックの代わりにホットグルーを使用。その理由も「コストを削減できるから」なんですって。徹底してるなー。

マシューさんは今後も「LEGObot」の開発(特にソースコードの修正)を続け、よりクリーンで正確なプリントをできるように改善していくそうですよ。

Instructables via gizmag

(KITAHAMA Shinya)

      あわせて読みたい

      powered by