たったの1スクープで2万円超! 「暗闇で光るアイスクリーム」

    たったの1スクープで2万円超! 「暗闇で光るアイスクリーム」

    スゲー! いろんな意味でスゲーーー!!

    英ブリストル在住のチャーリー・フランシスさんが発明した、世にも不思議な「暗闇で光るアイス」。クラゲが興奮したときに発光する成分「発光タンパク質」の合成物が使われたこのアイスは、舐めると光る、まるで生き物みたいなヤツなのだそう。

    食べても全く問題ない成分だそうですが、簡単には手出しできない理由が1つあります。それは1スクープ2万2000円というお値段(!)。いや、すごく珍しいし自分の目で見て舐めて楽しんでみたいとは思うけど、「3スクープでiPhone 5s買えるのかー」とか思うと、ちょっと別の意味でゴクリとしますよね、奥さん。

    実は、「発光タンパク質」という物質自体が信じられないほど高価なのだとか。実際に一儲けするには、このアイス以上にマジカルなビジネスモデルが必要そうです。でも、セレブなホテルやバーなんかでは飛ぶように売れたりして?

    Lick Me I'm Delicious via Thrillist

    Rumi(ANDREW LISZEWSKI /米版

      あわせて読みたい

      powered by