iCloudを使って昔のiPadのデータをiPad Airに復元する

iCloudを使って昔のiPadのデータをiPad Airに復元する

iPad Air、ゲットしてまいりました!

というわけで購入後にまずやることと言えば…そう復元です。ここではお手軽な環境復元方法としてiCloudからの復元手順をご紹介しますね。Wi-Fi接続で無線復元できる手軽さが魅力です。

事前準備:昔のiPadでiCloudにバックアップする

2013-11-01ic01a.jpg

「設定」→「iCloud」→「ストレージとバックアップ」とタップし、「iCloudバックアップ」をオンへ切り替え。「今すぐバックアップ」をタップします。なお、iCloudのストレージに収まりきらないよ! って時は「ストレージ管理」をタップしてバックアップ内容を絞り込んでおきましょう。

2013-11-01ic02.jpg

バックアップの作成中……。しばらく待ちましょう。

iPad AirにiCloudのデータを復元する

2013-11-01ic03.jpg

iPad Airの初期設定を開始しましょう。すでに初期設定が住んでいて使える状態になっている場合は一度リセットして工場出荷状態に戻すことでこの画面を表示できます。ただしその場合はそれまでに保存されているデータは消えてしまうのでご注意を。

2013-11-01ic04.jpg

この画面まで進めたら「iCloudバックアップから復元」を選択します。なおiCloudからの復元にはWi-Fi接続が必要になるので、自宅や会社のWi-Fi。もしくはモバイルルーターがある人はそちらへ接続してインターネットに接続できる状態にしておきましょう。

2013-11-01ic05.jpg

Apple IDとパスワードを入力してiCloudにサインイン。

2013-11-01ic06.jpg

復元するiCloud上のバックアップを選択しましょう。おそらく最新のヤツでOKです。iCloud上のバックアップから復元が開始されます。

iPad Air、復元後の手順

2013-11-01ic07.jpg

iPad Airが再起動され、「復元しました」と言われればもうちょっと。「続ける」をタップして設定を進めていきましょう。

2013-11-01ic08.jpg

再びiCloudにログインするために、Apple IDのパスワードを入力しましょう。

2013-11-01ic09.jpg

ホーム画面が表示されたらApple StoreへのログインやGmailなどへのログインのため、それぞれのパスワードを問われるので入力していきましょう。

2013-11-01ic10.jpg

アプリは自動的に再ダウンロードが開始されますよ。ゲーム系アプリなどダウンロード容量の多いものは時間がかかるので、手早く復旧させたいという方は予め要らないアプリはアンインストールしておくと良いかもしれません。

以上でiCloudからの復元は完了です。ただしこれで復元できるのは連絡先や設定だけ。音楽やビデオはiTunesと同期する必要がありますのでご留意を。

Apple

(小暮ひさのり)

    あわせて読みたい

    powered by