きっと生きてると願って... 「アイソン彗星」を見守るための天文アプリまとめ

きっと生きてると願って... 「アイソン彗星」を見守るための天文アプリまとめ

TABROIDより転載:アイソン。注目度の変わらない、ただひとつの彗星。

アイソン彗星」は、12月に地球に最接近する、非常に大きな彗星です。接近時にはかなりの明るさになると言われており、注目されています。

しかし本日、太陽に接近し、蒸発したのではないか? いやまだ生き残ってる? と、情報が錯綜(さくそう)しています。

果たして、12月にアイソン彗星を観測することができるのでしょうか。いや、きっと生きている...! やつは、アイソンはまた帰ってくる...!

そんな願いを込めて、兄弟メディアのTABROIDが天文アプリをまとめてくれています。たとえすべての天文学者があきらめても、観測を続けるんだ!

130912_stratop.jpg

星座表

スマホが、まるでプラネタリウムのようになるアプリ。各地点をタップすると、その地点における、現在地からの距離(光年)や絶対等級や視等級、スペクトル分類といった細かなデータも表示してくれます。

20131111kirobo1.jpg

キロボどこ? 〜国際宇宙ステーションを見よう〜日本で開発されたロボット宇宙飛行士「キロボ」の位置を観ることができるアプリ。国際宇宙ステーションだけではなく、恒星や銀河、人工衛星なども表示してくれます。

131129_ison_01.jpg

Sky MapGoogle製の天文アプリ。空に向けると、その時に空に輝いている星と、その星座について表示してくれます。

111214oda_a.jpg

プラネタリウムこちらも、スマートフォンを向けた方角の星空が現れるアプリ。星座の表示をしたまま、写真の撮影もできます。

また、TABROIDではレビューしていないアプリですが、『Comet Book』はアイソン彗星の位置が正確にわかるようです。こちらも、なかなかよさそうですね。

終了ムードただようアイソン彗星ですが、祈り、見守るとしましょう。

image via Wikipedia

原文/TABROID編集部:コンタケ)

    あわせて読みたい

    powered by