Facebookの新しいデータセンターは100%風力発電

    Facebookの新しいデータセンターは100%風力発電

    またまたエコなデータセンター。

    今月13日、Facebookのデータセンター・エネジー・マネージャーのヴィンセント・ヴァン・ソンさんが、アメリカ合衆国アイオワ州アルトゥーナに建設中の新しいデータセンターについて発表しました。2015年にオープン予定のこの新しいデータセンター、100%再生利用可能電力で稼働する予定だそうです。

    データセンターに電力を供給する予定の風力発電所は、約112キロ離れたアイオワ州ウェルスバーグに建設中。将来的には138 MWの電力を地域に提供できるようになるとのこと。これは当面データセンターで必要となるであろう電力を上回る数値なので、ここの電力だけでデータセンターをまかなっていけそうです。

    ちなみに今回のデータセンターはFacebookにとって4つ目。以前に建設した青の魅力たっぷりのオレゴン州データセンター北極圏スウェーデンのデータセンターも効率的に持続可能な電力を使用しており、かなりエコフレンドリーになっています。

    もちろん、持続可能な電力を追求しているのはFacebookだけではありません。MicrosoftやGoogleも同様のプロジェクトに取り組んでいます。(Wiredでは軍拡競争にかけて「グリーン・データセンター拡大競争」と呼んでいました。)

    地球に役立つ競争なら大歓迎ですよね。

    131115_facebook_datacenter2.jpg

    131115_facebook_datacenter4.jpg

    [Wired; Facebook]

    KELSEY CAMPBELL-DOLLAGHAN(米版/mana yamaguchi)

      あわせて読みたい

      powered by

      こちらもおすすめ