よりiOSに近づいたOS Xのコンセプトデザイン

よりiOSに近づいたOS Xのコンセプトデザイン

悪くないわ。

ここ数年のOS Xの傾向と言えば、モバイル版OSであるiOSへとそのデザインを似せていくことでしょう。LionではLaunchpadやアプリアイコンのカラム表示が、Mavericksでは地図やよりクリーンなインターフェースが鍵となりました。今後OS XがもっともっとiOSぽくなっていくのは誰の目にも明らか。

そこで、デザイナーのAndrew Ambrosino(アンドリュー・アンブロシーノ)さんが、自分が思うこれからのOS Xをデザインしています。コンセプトデザインとはいえ、なかなか良い。フラットで、曇りガラスのようなスクリーンは、デスクトップで見ても違和感ありません。

20131220ioslookingosx01.jpg

20131220ioslookingosx02.jpg

Andrew Ambrosino

そうこ(ADAM CLARK ESTES 米版

    あわせて読みたい

    powered by