【10周年おめでとう】Faceboookデザイン変更10年の歴史

【10周年おめでとう】Faceboookデザイン変更10年の歴史

もう10年。まだ10年。

Facebookが10周年を迎えました。1人の青年、マーク・ザッカーバーグ氏が、ハーバード大学の寮で作ったサービスは、瞬く間に世界中に広まり多くの人に愛される存在となりました。関連書籍が発売され、Facebookを題材にした映画はアカデミー賞でノミネート。ソーシャル疲れという言葉が取り上げられる一方、ソーシャルの力で新しい出会いがある人も。

何はともあれ、人々の生活になくてはならない存在となったFacebook。リリースからの10年で、そのサービス内容も変化を遂げてきました。そんなFacebookの10年のデザインの歴史を年ごとに見てみましょう。

【2004年】

2月4日、ハーバード大学で産声を上げました。その後、多くのキャンパスへと広まっていきます。

20140205fbdesignhistory01.jpg

【2005年】

The Facebook(この時はまだ、頭に「The」がついてました)は、大学だけではなく高校にまで広がっていきます。写真機能が追加。

20140205fbdesignhistory02.jpg

【2006年】

学校に限らず広くその扉をオープン、誰でも参加が可能に。ニュースフィード機能搭載。終ること無いプライバシー設定問題が始まることとなりました。

20140205fbdesignhistory03.jpg

【2007年】

プライバシー問題が騒がれるも、2007年末には5000万ユーザー達成。

20140205fbdesignhistory04.jpg

【2008年】

iPhoneアプリ登場。チャット機能追加。また、プライバシー問題対策として、フレンドリスト機能が誕生。

20140205fbdesignhistory05.jpg

【2009年】

「いいね!」登場。

20140205fbdesignhistory06.jpg

【2010年】

タブデザインを廃止。5億ユーザー突破。位置情報サービスFacebook Places(この1年後に廃止)をリリース。

20140205fbdesignhistory07.jpg

【2011年】

タイムライン表示の導入。トップページのデザインも大きく変更。

20140205fbdesignhistory08.jpg

【2012年】

見た目のデザインに注力し、写真を大きく見せるように。一方で、広告の一環であるスポンサーストーリーを表示することでユーザーから不満の声。

20140205fbdesignhistory09.jpg

【2013年】

タイムラインが1列表示になり、見やすくなりました。

20140205fbdesignhistory10.jpg

Images: Hugues Valentin, The New York Times, Mashable, Obsession, AppStorm, Jon Loomer, Shareaholic

そうこ(ASHLEY FEINBERG 米版

    あわせて読みたい

    powered by