iWatchは光学式センサーで心拍数や血中の酸素濃度が測定できるかも!?

iWatchは光学式センサーで心拍数や血中の酸素濃度が測定できるかも!?

iWatch、どこまで先進的な機能を搭載するんでしょう?

iWatchに搭載されるとの情報があるヘルスケア・フィットネス機能について続報です。中国のエレクトロニクス系アナリストのSun Chang Xuさんによると、「iWatchは光学式センサーを搭載し、心拍数や血中の酸素濃度を測定できる」そうなんです!

心拍数はともかく、血中の酸素濃度の計測と聞くとなんだか専門的な用語に聞こえてしまいますが、これらの機能はヘルスケア製品ではわりとよく搭載されているんだそうです。通常の酸素濃度の計測器は指や耳たぶに挟んで利用するので、リストバンド型のiWatchにこの機能が搭載されるのかどうかは検証の余地があるそうなんですが、不可能というわけでもないんですって。

そして、グルコース濃度の計測機能はアップルの計画にはあるものの、製品には搭載されないだろうとも指摘しています。

iWatchに関しては、ヘルスケア機能やフィットネス機能に関する詳細なが登場したり、iOS 8に搭載されiWatchと連携すると噂されるヘルスケアアプリ「Healthbook」のモックアップが制作されたりと、ますますその登場に対する期待が高まっています。あまり期待しすぎると実物を見た時にがっかりする可能性もありますが、それでも期待せずにはいられないのがアップル製品なのかもしれませんね。

MacRumors

(塚本直樹)

    あわせて読みたい

    powered by