ネット回線とセットでiPad mini Wi-Fiモデルが月額1円でレンタル可能! そこで改めてiPadの良さを初めて触る母親に伝えてみた

  • Sponsored
    ネット回線とセットでiPad mini Wi-Fiモデルが月額1円でレンタル可能! そこで改めてiPadの良さを初めて触る母親に伝えてみた

    30も半ばにさしかかり、ちょっと親孝行を本気で考える年頃になってきました。

    親孝行をするのにあたって、タブレットを贈るのなんてどうかなと考えていたところ、気になる情報をゲットしました。それがiPadシリーズが最安で月額1円(税抜)からレンタルできるという「@nifty レンタルサービス」。めっちゃ画期的! このサービスならインターネット回線の契約と組み合わせることで、iPad mini Wi-Fiモデルが1円、iPad Air Wi-Fiモデルが980円、iPad mini(Retinaディスプレイ)Wi-Fiモデルが480円(いずれも税抜)という非常に手頃な月額でレンタルできるんです。

    ということで、いまだタブレットに触れたことのない母親への親孝行(?)として、実家に帰ってiPad miniに触ってもらってきました。

    140114nifty_ipad_haha02.jpg

    実家に帰ってきてまず出されたのがリンゴ。おかあさん…もしかしてiPadがApple製だから…ですか…? ちなみに母は現在70歳で、パソコンなら多少触ったことがあるものの、タブレットは初めて。スマホも触ったことはありません。そんな母にiPad mini触らせたらどんな感想を持つんでしょうか。

    140114nifty_ipad_haha03.jpg

    まずは持ってみた感じから。「軽いし薄いのねー」とかなり興味津々。

    140114nifty_ipad_haha04.jpg

    それでは実際に操作してもらいましょう。Safariを立ち上げてブラウジング。「これ(Safari)がブラウザだよ」と教えてあげる必要はありましたが、それ以降はぐいぐい自分で調べ物をしています。

    上の画像は、はとバスのツアー情報を見ているところ。「画面が大きいからよくわかるわ」と、さくさくいろんなページを見て回ってます。確かに団塊の世代にとってはスマホよりもタブレットのほうが情報が頭に入ってきやすいのかもしれません。わかったよ、はとバスツアーそのうち一緒に行こう。

    140114nifty_ipad_haha05.jpg

    カメラ撮影にも挑戦してもらいました。自分で剥いたリンゴを撮影しています。けっこうグラグラしながら撮影してましたが、画像はシャープそのもの。F値2.4の明るいレンズのおかげかも。

    140114nifty_ipad_haha06.jpg

    そして一番母の食いつきが良かったのがFacetimeのビデオ通話。テスト通話しながら撮影してたので筆者が半目になっているのと、母が顔半分しか見せてくれていないのはご愛嬌ということで…。

    それはともかく、すでに嫁いでだいぶ経っている姉も最近iPhoneに変えたので、「これで孫たち(僕から見れば甥っ子や姪っ子)とFacetimeで話したい」と言ってました。親世代には、こういう需要かなりありそうです。

    実際に母に触ってもらってみて、本格的にiPadを楽しむのはこれからだとしても、あらためてiPad(とiOS)の出来の良さを実感しました。「ガジェット、なにそれ?」状態の母が、ほとんど助けもいらず使えるんですもん。

    ちなみに、タブレットに初めて触れる人であれば、最新のiPad AirやiPad mini(Retinaディスプレイ)ではなく、iPad miniで十分だとも感じました。

    すごいよ。iPadシリーズのレンタルが月額1円(税抜)から!

    140114nifty_ipad_capture01-03.jpg

    そして冒頭でもお伝えしたように、母も使いこなせたiPad mini Wi-Fiモデルだけでなく、iPad Air Wi-FiモデルやiPad mini(Retinaディスプレイ)Wi-Fiモデルをお手頃な月額料金でレンタルできるのが「@nifty レンタルサービス」。ノートPCのレンタルはすでにスタートしていましたが、本日からiPadシリーズもラインナップに追加されました。

    レンタルできるのは、いずれも16GBのスペースグレイモデル。通常のレンタル料金はiPad Air Wi-Fiモデルが2600円、iPad mini(Retinaディスプレイ)Wi-Fiモデルが2170円、iPad mini Wi-Fiモデルが1740円(いずれも税抜の月額)となっています。初期登録費用が1800円(税抜)かかるほか、最低利用期間が利用開始月の翌月から24カ月間(途中解約は利用期間に応じた契約解除料が必要)となっていますが、利用開始月のレンタル料金は不要です。また、AppleCare for iPadが2年間付いています。

    そして、今なら「@nifty 光ライフ with フレッツ」または「@nifty auひかり」への同時申し込みで月額料金をグンと下げることが可能なんです(「@nifty 光ライフ with フレッツ」の場合は本日からWeb申込み開始、「@nifty auひかり」の場合は電話受付のみ)。

    140114nifty_ipad_capture02-03.jpg

    ※24カ月間の割引はニフティの光ファイバーサービスと同時申込した場合の料金です。

    ※光ファイバーの回線料金は別途発生します。

    どれだけ下がるのかが上の画像。iPad Air Wi-Fiモデルが980円、iPad mini(Retinaディスプレイ)Wi-Fiモデルが480円、iPad mini Wi-Fiモデルに至っては1円(いずれも税抜の月額・利用開始月翌月から24カ月間)になってしまうんです。

    節分を過ぎて、暦の上ではもう春。新生活を始める時期なので、この機会にインターネット回線を契約しようと考えている人も多いはずです。そんな人は、@nifty レンタルサービスのようなオプションサービスも、ネット回線を選ぶときの判断基準のひとつに加えるのが賢い方法。特に、まだiPadを持っていない人、これからiPadデビューしたいと思っている人にとってはこのオプションを逃す手はないですよ。

    キャンペーン期間は2014年2月5日〜2014年3月31日。対象となる条件はキャンペーンページから確認しましょう。

    息子が70歳の母に渡したiPad使用上守るべき掟

    だいぶiPad miniが気に入った様子の母。ふだん離れて暮らしているので、帰る前にちょっとした置き手紙を作成してみました。

    それは、ギズでも翻訳した「ママが13歳の息子に渡したiPhone使用上守るべき18の掟」へのオマージュ、「息子が70歳の母に渡したiPadの使用上守るべき掟」。ではどうぞ。

    1. iPadの操作でわからないことがあるかもしれませんね。そんなときでもすぐに僕に連絡せず、一度検索してみてください。そうしているうちにきっと操作を覚えていくはずですから。

    2. パスワードは教えなくていいです。むしろ僕にも他の人にも教えちゃダメです。

    3. 甥っ子や姪っ子とのFacetimeは楽しそうですが、たまには僕のことも思い出して連絡ください。

    4. Wi-Fiモデルだから、どこでもネットが使えるわけじゃないよ。それに歩くときは画面を見ながら歩いちゃダメだよ。

    5. FacebookやTwitterをこの機会に始めてみてください。きっと新しい友人ができますよ。

    6. でも、あまりiPadにハマりすぎないように。たまにはiPadを置いて、運動もしてください。

    7. もし不調があっても大昔のテレビと違い、叩いても治りませんから叩かないでください。ちなみに、@nifty レンタルサービスならAppleCare for iPadが2年間付いているので安心です。

    8. いつまでもお元気で。元気じゃないとiPadも使えないもんね。ちょくちょくまた実家に顔出しますから。

    また来るからね。まだまだ親孝行させてくださいな。

    @nifty レンタルサービス@nifty 光ライフ with フレッツ@nifty auひかり

    (松葉信彦)

    ※本レンタルサービスは、独立したサービスであり、Apple Inc.が認定、後援、その他承認したものではありません。

    Apple、iPadは、米国および他の国々で登録されたApple inc.の商標です。

    RetinaはApple inc.の商標です。

    あわせて読みたい

    powered by