もう許して…、3Dプリントで作られた解くのもツライルービックキューブ

もう許して…、3Dプリントで作られた解くのもツライルービックキューブ

普通のやつもできないのに、無理よ…。

最近のルービックキューブは、もう一般人にとってはパズルというよりもインテリアに近い感覚。だって、難解すぎて一般人じゃもう手も足もでないんだもん。へんっ。だから、この54もの可動箇所があるMarusenko Sphereもインテリア! 9方向に動かせるってんだから一般人には無理なパズルよ。ブロックの色分けは2色から8色まで。もちろん色数が増えればより難しくなります。

201403063dprintedrubikcube01.jpg

デザインも試作品制作も3Dプリンターを使ったことで、糊付けや小さなパーツでの組立がありません。お値段は25ドル(約2500円)です。

Marusenko Sphere via The Creators Project

そうこ(ANDREW LISZEWSKI 米版

    あわせて読みたい

    powered by