世界はこんなにも壮大だった。レゴのミニフィグカメラマンから見た日常が示唆的

世界はこんなにも壮大だった。レゴのミニフィグカメラマンから見た日常が示唆的

めっっっちゃかわいい。

レゴの可能性って本当に無限大ですよね。ある時はダフトパンクになったり、またある時は 金田のバイクになったり。でもこんな可能性もあったなんて気が付きませんでした。写真家のアンドリュー・ホワイト氏はレゴのミニフィグを写真家として捉えたLegographerという作品を撮っています。それも全てiPhoneで。

ミニフィグはご存知の通り小さいです。各々で差はあれど、大体4cmくらいでしょうか。そんな小さな身体を通して世界を見ると、日常はこんなにも彩り豊かに見えるんですね。

140225legofrapher02.jpg

140225legofrapher06.jpg

140225legofrapher07.jpg

140225legofrapher05.jpg

視点を変えると、様々なことを発見できますね。明日もがんばろっと。

PetaPixel via My Modern Metropolis

(嘉島唯)

    あわせて読みたい

    powered by