残念すぎ。ナイキ、FuelBandの開発から撤退! ウェアラブル・チームは解雇(追記あり)

    残念すぎ。ナイキ、FuelBandの開発から撤退! ウェアラブル・チームは解雇(追記あり)

    信じられない!

    ナイキがFuelBandの開発を止めるそうです! マジか!

    CNETによれば、ナイキはFuelBandの開発を担当していたデジタル・スポーツ・ハードウェア・チームに所属するメンバーの約70%〜80%となる55人をクビにした上で、ウェアラブル・デバイスの開発から撤退する予定だと伝えたそうです。

    ナイキは2012年にFuelBandを、2013年には現行のFuelBand SEを発表してきました。ですが、ウェアラブル型の活動トラッカーは今年になってさらに競争が激化。グーグルやアップルもこの分野に参入すると噂されているので、撤退することが今回はナイキにとっても安全な道と判断だったのでしょうね。もし事実なら悲しい結末です。

    ですが、ナイキが独自のウェアラブルを開発中止にしたからといって、彼らが活動トラッキングの分野から撤退するとは言い切れません。ナイキはウェアラブル・デバイス向けのソフトウェアの開発は今後も続けていくと言われています。可能性として考えられるのは、すでに良い関係にあるアップルとのスマートウォッチ開発。もしかすると噂されるiWatchにナイキがパートナーで参加することもあるかもしれません...。

    本当に残念すぎる...。

    追記(2014/04/22 13:00): ナイキはRe/codeに対して、FuelBand事業から撤退するという噂を否定するコメントを21日に伝えています。詳しくはこちらをご覧ください。

    source: CNET

    Kelsey Campbell-Dollaghan- Gizmodo US[原文

    (鴻上洋平)

      あわせて読みたい

      powered by