iPhoneをアンプ代わりにどこでも弾けるミニチュアギター

    iPhoneをアンプ代わりにどこでも弾けるミニチュアギター

    ペンはギターよりも強し?

    どこへでも愛するギターを持って行って演奏したいけど、重いしアンプも必要だし面倒くさい。でもエアギターするほど落ちぶれていないという、どうしようもないギタリストにピッタリなガジェット「FretPen」が開発されました。

    140501_fretpen2.jpg

    このFretPenは弦が1本だけで、しかも3フレットしかないので一見おもちゃかと思いますよね。でも侮るなかれ、本物のギターの弦にスチール製のフレット、フレットボードもメイプル製で出来ているので、立派な1本のギターなんです。

    140501_fretpen3.jpg

    iPhoneとBluetoothで接続すれば、専用のアプリでエレキギターとアコースティックの音から選択でき、エフェクトやギターのチュートリアルなどが備わっていて、iPhoneさえあればちゃんと一曲演奏できちゃうんです。本来はピックアップが付いているボディには十字キーが付いていて、それを操作することで音などを操作できるようになっています。

    140501_fretpen4.jpg
    スポッと取り外してペンパーツを付けることも。バッグに入れておけばちょっとした書類へのサインもお手のもの。

    現在Kickstarterでクラウドファンディングを行っており、今なら99ドル(約1万円)から手に入れることができます。日本からの場合はプラス25ドル(約2,560円)が必要ですよ。

    なんと言ってもこのサイズ感、可愛いですよね。

    source: FretPen via Cult of Mac

    (徳永智大)

      あわせて読みたい

      powered by