iPadで使える世界最小のワイヤレススキャナ

    iPadで使える世界最小のワイヤレススキャナ

    モバイルスキャナはまだまだ重く、よほどの理由がない限り鞄に入れておくことはないですよね。iPhoneなどでもスキャンできますが、まだまだ精度や解像度は低いことが多いです。でももっと簡単に出先でパンフレットをスキャンして後で見返したり、昔の自分の写真をスキャンして友達に送れたら楽しいですよね。

    サンフランシスコを拠点にするスキャンソフトウェア開発会社Dacudaは、世界で一番小さいワイヤレスのモバイルスキャナ「PocketScan」を開発しました。Bluetoothを使うことでPCをはじめMacやiPadなどのタブレットでも簡単にスキャンすることができ、その大きさはいつでも鞄に忍ばせておけるサイズになっています。

    同社の「SLAM Scan」という技術を使うことで、ビデオストリーミングとして画像を取り込んで解析することにより、A4サイズなど紙の大きさに関係無く、スキャナーを当てている部分がiPadなどの画面にリアルタイムに反映されていく様子が確認できます。取り込んだ画像はすぐに編集したり共有することができます。

    またWordやExcelなどのオフィスアプリケーションにも対応しているので、その場で書類をスキャンして数字や文字を編集し直すことも。海外でメニューに分からない単語があったらスキャンして調べたりもできますよね。

    140623_pocketscan2.jpg

    対応しているデヴァイスはWindowsとMac、iPad第3世代以降のモデル。AndroidデヴァイスもNexus 7やGalaxyなどに対応する予定だそうです。バッテリーは400回以上のスキャンに耐えることができるとしており、画質は400dpi以上。デヴァイスの大きさは横が27mmで高さが50mm、長さは95mmとなっています。重さは85gと、かなり軽いです。

    現在Kickstarter上でクラウドファンディングを行っており、期限までに支援すれば通常149ドル(約1万5,000円)のところが99ドル(約1万円)。発送は2014年12月ごろを予定しています。

    ビジネス目的でなくても気軽に写真や書類をスキャンしてシェアできるのは嬉しいですよね。

    source: Kickstarter

    (徳永智大)

      あわせて読みたい

      powered by