なにかと多いカイン、ケインの名が付くキャラクターたち

    なにかと多いカイン、ケインの名が付くキャラクターたち

    「ファイナルファンタジー」とか「WWE」とか…。

    映画や漫画、ゲームなどで、良く見かける名前「カイン」と「ケイン」。そのキャラクターは大体、ヤラれ役だったり、癖のあるキャラクターだっだりします。どうやら旧約聖書「創世記」の第四章に登場する兄弟カインとアベルから影響されているとのことですが。では実際にカイン、ケインと名付けられたキャラクターたちを見ていきましょう。

    ■ジャガーノート:「X-MEN」

    140610_cain2.jpg

    古代インドの破壊神ジャガンナートが名前の元で、「止めることの出来ない巨大な力」を意味するジャガーノート。ドーム型のヘルメットをかぶった怪力自慢の彼は、本名をケイン・マルコという犯罪のプロフェッショナルなのです。

    『X-MEN』に登場したのは1965年、プロフェッサーXの兄として描かれました。ソーやハルクですら倒すことが出来ない、強烈なフォースフィールドを身にまとっているため不死身。唯一の弱点は、精神攻撃防御ヘルメットを脱いだ時に受けるプロフェッサーXからのテレパシー攻撃なのです。

    ■副長ケイン:「エイリアン」

    エイリアンのエッグチェンバーに近づいたためにフェイスハガーに顔面飛び付かれ、食事中に苦しみながらチェストバスターを輩出してしまったノストロモ号副長のケイン。

    このケインは、これと言って宗教がかっている訳でもなく、かと言って他人を殺してもいない、単なる宇宙生命体による被害者で、たまたまその名前がケインさんだっただけの話です。

    とは言え、SFホラー映画はこのシーン無くしては語れませんので、ある意味エポック・メイキングな役割りを果たした重要なケインでもあるのです。

    ■ケイン:「マトリックス・リローデッド」

    こちらのケインは全くもって目立たないキャラなので、皆さんそんなキャラが居たことすらご存知ないかと思います。

    メロビンジアン一味の手下で、ヴァンパイアのプログラムを持つケイン。上の動画の中でパーセフォニーに殺されなかったほうが彼で、メロビンジアンの元へ仲間が撃ち殺されたことを報告しに行くよう、脅されるのです。

    この映画では、いろいろと凝った名前が登場するので、ケインとセットでちゃんとアベル(こちらはウェアウルフ)というキャラも存在します。上の動画でパーセフォニーに銀の弾丸でオデコを撃ち抜かれ、死んでしまうのがアベルなのですが。

    ついでに、もうひとつケインの登場シーンをどうぞ。向かって左から3番目に立ってマシンガンを撃ちまくっているのが、我らのケインですね。そして続く格闘戦では、蹴っ飛ばされた勢いで石膏像に突っ込み、そこであえなく出番が終了となりました。

    可哀想ですが、ケイン史上もっともザコいキャラなのかもしれません。

    かなりポピュラーな名前だとお分かりいただけたかと思います。もっとカインとケインのキャラクターを知りたい方は、兄弟メディアコタクジャパンにて紹介していたので、確認してみてください。

    source:コタクジャパン

    (ギズモード編集部)

      あわせて読みたい