MetalでiOSゲームがもっとリッチになっていく

MetalでiOSゲームがもっとリッチになっていく

据え置きゲーム機クラスの3D表現が可能になっちゃうみたい。

いままでiOSでゲームを作る際は、汎用性の高いOpenGLが使われてきました。昔からあるAPIだし扱いやすい。移植もしやすかったのでは。

140602-Image24-R.jpg

でも重い。イメージでいくとこれくらいボリューミー。たくさんのオブジェクトを動かす=ドローコールを増やすと、処理落ちしてしまうこともありました。

140602-Image26-R.jpg

iOS8で新たに採用されるMetalは、OpenGLよりドローコールが10倍も速いんですって。その分、もっとリッチな3D空間を見せることができるようになるそうです。

140602-Image34-R.jpg

Unity、Crytek、EA、EPIC GAMEの各社がMetalをサポート。各ゲームエンジンをiOS8にチューニングしてくれるのでしょう。

140602-Image56-R.jpg

実際に動画を見ると、これが本当に綺麗なんです。iOSデヴァイス上でリアルタイムレンダリングしているとは思えないくらい。レスポンスも上々です。

気になるところは、A7に最適化しているってところ。iOS8用のゲームを楽しむなら、iPhone 5s、iPad Air、iPad mini Retina以上のモデルじゃないと厳しくなりそう。

source: Apple

(武者良太)

    あわせて読みたい

    powered by