宇宙に漂う小惑星をみんなで見つけだそう

    宇宙に漂う小惑星をみんなで見つけだそう

    アメリカの小惑星工業を目的とする企業Planetary Resourcesが、興味深いプロジェクトを始めました。

    宇宙にはさまざまな小惑星が漂っています。その中には、地球や国際宇宙ステーションなどにぶつかる危険性を持つものもある一方、ニッケル鉄をはじめ地球で採れる以上の鉱物を含み、将来の資源として活用できるものもあり、実に多種多様。

    危険なものや役に立つものを判別するために、科学者はできるだけ多くの小惑星を発見しようと「Catalina Sky Survey(CSS)」と呼ばれるシステムを使って宇宙をスキャンし続けています。でもこの発見プログラムだって、探している惑星を見落とす可能性があります。そのため科学者自身も撮影された画像データを使って確認作業を行っているのですが、漏れなく完璧に探し出すのは難しいのだとか。

    そこでもっと多くの人に小惑星を発見してもらうため、ウェブベースで誰でも参加できるクラウドソーシングプロジェクト「Asteroid Zoo」を公開したんです。

    このプロジェクトに参加するには、まずウェブサイトにアクセスし、時系列順で同じ場所を撮影した白黒の4枚の画像を見比べ、その画像の中で動いている怪しい点にマーカーを打つだけです。

    140626_asteroidzoo.jpg

    画像が粗い時もあるのですが、それでも宇宙から何かを探し出すなんて素敵ですよね。インターフェースも分かりやすく、ゲーム感覚で気軽に行えます。もしかしたらものすごい発見ができるかも。なお、見つかったものは今後の宇宙研究に役立てられるとのこと。

    宇宙飛行士を諦めたあなたも、この壮大なプロジェクトの一員になってみませんか。

    image by Dabarti CGI /

    source: Asteroid Zoo via Engadget

    (徳永智大)

      あわせて読みたい

      powered by