「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」で水上エクストリーム・ノマドに挑戦

  • Sponsored
    「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」で水上エクストリーム・ノマドに挑戦

    静かな湖畔の〜

    02nifty.jpg

    森の影から〜

    03nifty.jpg

    って、こんなところで何をしているのでしょうか。

    さかのぼること数時間前ー。

    04nifty.jpg

    @niftyさんからギズモード編集部宛に謎のアイテムが届けられました。

    中を開けるとこんなものが。

    05nifty.jpg

    ジャーン。「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」。

    「謎のアイテム」などとミステリアスに書きましたが、実はこれ最新のモバイルルータ。@niftyさんから特別にお借りしたWiMAX2+対応の新製品だったんですね。

    06nifty.jpg

    それにしても薄い。わずか8.2mmで、重さはなんと81gだとか。

    WiMAXといえば、下り最大40Mbpsの高速ネットワーク通信網。速いだけではなく、速度制限のない唯一の通信サーヴィスとしても注目を集めていますね。

    さらに昨年10月末からWiMAX2+というさらに高速の通信サーヴィスを開始しました。その速度は下り最大110Mbpsと、従来のWiMAXの約3倍近くもあります。

    そのWiMAXとWiMAX2+の通信網のどっちも使用できる、そんな欲張りな最新モバイルルータがこの「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」なんです。

    しかもこの新製品はただ単にWiMAX2+に対応しただけではなく

    ・WiMAXハイパワー対応
    ・IEEE802.11ac・5GHz対応
    ・専用クレードルにセットするとホームルータにもなる

    だそうです。

    WiMAXハイパワーとはWiMAXの送信と受信能力が向上した機能の1つで、弱電界においても快適に通信ができるようになったもの。

    それにしてもこのスペック、少年マインドをくすぐります。

    これをメカに例えると、速度は通常の3倍(WiMAX2+)、出力可変装置(ハイパワー)を内蔵し、最新の装備(802.11ac・5GHz)にも対応ってことですよ。

    なんだかモビルスーツみたいで強そうじゃないですか。最新モビルルータとでもいいましょうか。

    高速起動型「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」は、WiMAXの3倍の速さで機敏に稼働し、電波が足りない時は自ら感度ブースト装置を発動。ホームでは空母(ホームルータ)となって、無線でも有線でも最速の電波を放ち続ける。しかも軽くて、薄い。やっぱり、ニューWiMAXはダテじゃない

    はい、完全にメカ萌え男子の妄想ですね。すいませんでした。でもスペックを見る限り、これが本当なら、実際に出先でも自宅や会社の通信環境とほぼ変わらず作業ができそうですよね。

    実はそれを検証するためにわざわざniftyさんから実機をお借りしたのです。人は「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」だけでどこまで仕事ができるのか? 見せてもらおうか、nifty軍のモビルルータの性能とやらを。ってやつですね。

    ではどうすればいいのでしょうか?

    考えに考えた挙句、完全に外界と隔離された場所にオフィスを作り、デスクワークに挑戦することにみました。

    その場所とは…?

    静かな湖畔のボートで仕事に集中

    08nifty.jpg

    やってきました、湖。ではなく。え? 池? 梅雨の時期のせいか周りには誰もいなく、仕事に集中するには最適の環境が整っていますよ。ノマド族の中でもボートの上で仕事する人はいないんじゃないでしょうか?

    09nifty.jpg

    こちら洗足池公園・アヒルボート上。社会とは完全に隔離された(?)この場所で、PCと「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」を使ってデスクワークをしてみようと思います。

    10nifty.jpg

    アヒルボートは通常2人乗りのため、意外と広々。デスク(ボート)ワークが捗ります。でも1人しか乗っていないため、少し傾いているような気がします。

    11nifty.jpg

    まずはギズモードのサイトをチェック。普通に見れますね。

    12nifty.jpg

    続いてメールを書いてみました。これぐらいはできて当然ですよね。そういえば、「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」の速度はどれくらいでているのでしょうか?

    通信速度をエクストリーム・チェック

    13nifty.jpg

    「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」には通信モードが2種類あります。1つは通信制限なしのWiMAXを使う「ノンリミットモード」。もう1つはWiMAXとWiMAX2+の両方を使う「ハイスピードモード」。

    14nifty.jpg

    さっそく、「ハイスピードモード」をスピードチェックしてみました。

    下り27.21Mbpsと相当速い数値が出ていますね。

    15nifty.jpg

    試しに動画を再生してみましたが、スムーズに閲覧することができました。

    ノンリミットモードで意外な数値が

    16nifty.jpg

    続いてWiMAXの「ノンリミットモード」のスピードをチェック。なんと下り23.51Mbpsをマーク。WiMAX2+とほとんど変わらない数値です。理論値が40Mbpsなのに、この速度は驚き。

    17nifty.jpg

    何度が速度チェックを試みましたが、やはり下り20Mbps前後。周りに遮るものがないからでしょうか?

    30 nifty.JPG

    近くに撮影担当の編集部員がいたのですが、試しに「ノンリミットモード」でビデオ通話をしてみました。通信に負荷が掛かりそうですが、これも途切れることなく話すことができましたよ。

    これぐらいの速度があれば、WiMAXの「ノンリミットモード」でも十分。負荷の掛かりそうな作業のときは帯域制限のない「ノンリミットモード」を使用したいですね。

    19nifty.jpg

    他にも仕事をしようと思ったところ、なんと購入した60分チケットの時間が終了間近になってしまいました。いろいろと試しているうちに気付いたらこんな時間。そもそもここで仕事をしようとした私が悪いのですが。急いで乗り場に戻らなきゃ。

    今改めて考えるモバイルルータの存在価値

    25nifty.jpg

    ちなみに旧WiMAXモバイルルータと比べると、こんなにも薄くなっています。

    正直に告白しますと、実は最近、モバイルルータ使わなくなっていました。というのも、スマホでテザリングができるようになったからです。そして次第にルータを持ち歩くのが面倒くさくなり、モバイルルータをモバイルしなくなったのです。

    こういう方って自分以外にもけっこう多いんじゃないでしょうか?

    でもテザリングをしているとスマホのバッテリがものすごく速く減るんですよ。しかも使いすぎると通信制限にもひっかかってしまう。通信制限を超えることはほとんどないですが、でも制限があるというだけで、精神衛生上よくないですよね。

    20nifty.jpg

    今回この「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」を出先で使ってみて、モバイルルータの必要性を改めて感じました。

    離れてみて初めてわかる、ありがたさとでもいいましょうか。私のようにノートPCをいつでも持ち歩く人にはモバイルルータはやはり必須アイテム。この「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」はこれまでのモバイルルータよりも軽く薄くなっているので、持ち歩くのも容易ですね。胸ポケットにも入りますし。

    自宅ではホームルータにも

    27 nifty.jpg

    専用クレードルにセットして自宅のブロードバンド環境に接続すれば、Wi-Fiホームルータとしても使用できます。これ1台で家でも外でも快適な通信環境が構築できそうですね。

    スマホ連動機能もあり

    140620nifty_app.jpg

    今回は発売前のため確認できなかったのですが、この「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」はスマホ連動機能もあるようです。

    アプリで電波状況や電池残量、通信モード切り替えができるほか、Bluetoothによるリモート起動にも対応しているそうです。カバンにルータを入れながら、スマホで遠隔操作できるのは便利ですよね。

    LTEハイスピードエリアは非対応

    今回気になった唯一の点は、この端末がLTEハイスピードエリアに対応していないということ。ただWiMAXは既に人口カバー率99%を達成。WiMAX2+も都内を中心に急速に普及しているので、都市圏で生活している人はこれで十分かもしれません。高速エリアの確認はこちらでできます。

    本日、発売。キャッシュバックキャンペーンも

    この「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」ですが、本日、6月20日発売となりました。

    040620pricelist_wimax_2plus.jpg

    通信費用は2年契約で税抜4,170円/月(@nifty基本料金含む)で、利用登録翌月より24ヶ月は税抜3,670円/月(@nifty基本料金含む)となります。そのほか、登録手数料、機器代金が別途かかるようです。料金の詳細はこちら

    また端末発売と同時に、この「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」がお得に買える@nifty WiMAXのキャッシュバックキャンペーンを実施しているそうですよ。@niftyでこの端末を購入すると、なんと1万円がキャッシュバックされます。

    欲しいと思った時が買い時とはいいますが、今なら1万円もお得になります。

    また、タブレットとルータセットで1円のプランもあるみたいです。お申込みはこちらで受け付けています。

    この記事を読んで隔離されたボートの上で快適に仕事をしたいと思った人はぜひこちらでチェックしてみてください。もちろん、モバイルルータを乗り換えようと思っていた人にもおすすめですよ。

    source: @nifty WiMAX

    (瀧佐喜登)

    ※文中に記載の金額はすべて税抜表示料金です。別途消費税がかかります(非課税、不課税を除く)。また、ご請求額に1円未満の端数が生じた場合、その端数を切り捨ててご請求させていただきます。

    ※文中に記載されている、検証以外の@nifty WiMAX(ワイマックス)の回線速度は理論値です。必ずしも記載通りの速度が保証されているものではなく、お客様の通信環境や接続の時間帯などにより、記載通りの速度がでない場合がございます。

    あわせて読みたい

    powered by