【One more thingなかったね】WWDC 2014の内容はこちらでチェック

    【One more thingなかったね】WWDC 2014の内容はこちらでチェック

    イヴェントはこのページで!

    アップルは今日の深夜、3日午前2時からWWDCを開催します。

    このページでは、イヴェントの様子をいち早くリアルタイム更新でお届けしていきます。ティム・クックのスピーチから最新情報まで、発表された情報をリアルタイムにアップしていきますので、ウェブとスマホどちらでもお楽しみください。

    それからWWDCキーノートが終わっても、ギズモードは1日特別体制でアップルの発表関連情報を速報で出していきますよ。アップル情報が気になったら、いつでもギズをチェックしてね。

    同時にソーシャルでも情報をリアルタイムでお届けしていきます。よければ、ギズのFacebookページTwitterアカウントもフォローしてチェックしてみてください。

    WWDCは日本時間、3日午前2時から、場所はここです。iPhone 6? iWatch? 何が出るのか、発表の瞬間をみなさんで一緒に楽しみましょう!

    下に飛ぶ

    IMG_13621.jpeg

    現在の編集部の様子(1時4分現在)。

    Instagramユーザsasssytimさんが、アップルタグつけたセキュリティ犬の写真をアップ。

    米プレス関係は、会場入りしたようです。

    140602wwdc00.jpg

    会場内のBGMはColdplay。ステージの上には、iMacが数台あり、ステージ上のiMacのスクリーン壁紙はヨセミテ。ステージ上のiMacスクリーンから、すでにデザインがフラットになったような…。

    会場はほとんどアップルを愛用しているようですが、なんとSurface Pro 3ユーザが1人みつかった模様。

    会場満席。みなさん、ほぼほぼ席についたみたいですね。

    15分きりました。トイレ行きたい人は、今のうちに! 編集部も全員行ってきまーす。

    WWDCライブストリーミングのサイト、音はいりました。会場の様子が中継されています。

    140602wwdc02.jpg

    WWDCの基調講演はここでみられます(safari限定です)。

    イヴェントスタッフのTシャツは赤。さぁ、あと10分!

    ジミー・アイオヴィンが会場に。

    会場にアナウンスがはいりました。マナーモードでお願いします。あと5分。

    2分...。

    1分。

    はじまります!!!!

    音楽がフェードアウトして...。まずは、デモ動画のようです。

    140603wwdc04.png

    デモ動画では開発者に焦点をあてているようです。

    アップルプロダクトの使い方をさまざまな人にインタヴュー。アプリについて語る人々、さまざまなシーンでの使い方の事例。建築、海洋学、野球...。義手の青年のインタヴューもありました。アップルは人々の生活をよりよいものへとするアプリをたくさん生み出してきました。

    動画はつづきます...動画おわり。会場へ。

    140603wwdc04.jpg

    ステージにクックCEO登場です。

    「ようこそ、サンフランシスコへ。動画の紹介で、私たちが開発者にどれだけ感謝しているか伝わったでしょうか。今年は、デヴェロッパーカンファレンス25回の記念すべき年です」

    「1,000人を超えるエンジニアがアップルに携わっています。また、今回、会場には学生が奨学生として来ています」

    140603wwdc05.png

    「アップルの申請済み開発者は900万人。昨年から47%も増加しています。今日のプレゼンはOS XとiOSに注視します」

    まずは、OS Xからスタート。

    「市場でのMacの伸びは12%増。Mavericksは、4,000万インストール。Mavericksユーザーは、51%。コンピューター史上最速の広がりです。マイクロソフトと比較すると、Windows 8はたったの14%。これ以上言う必要はないでしょう。では、OS Xの未来について話していきたいと思います」

    ステージにはクレイグが登場。クックCEOはさがります。

    「OS Xの名前がネコ科から地名に変化しましたが、新しいOSにはまた新しい名前が必要です。そこで、特別チームがいい地名を探しに...(ギャグ)、あれこれ地名をあげています(ギャグ)。そして...Yosemite(ヨセミテ)と命名しました。OS X Yosemiteの発表です」

    新インターフェース、アプリ、そして新たな取組み、コンティニュイティ。

    デモ動画に入ります。動画ではドックのアップが紹介されていました。

    紹介動画、おわり。説明にはいります。

    「まずは、基本の基本から。わかりやすく、使いやすいものです」

    ウィンドウのデザインが変わりました。背景壁紙に合わせる様に、ウィンドウが少し半透明になりました。ドックも同じく。フォントも全体で統一。また、ドックやメニューバーが白く目立ちすぎるのが嫌な人のために、黒モードも登場。メッセージソフトのように、サイドバーがあるものも、半透明デザインを採用し、全体のまとまりをだしています。

    次、通知センター

    カレンダーや天気など「今日」を表示できます。ウィジェット追加もOK。

    次。Spotlight

    虫眼鏡アイコンをクリックすると、検索窓が大きく真ん中に表示されるように。また、ローカルだけでなくネット上の情報もチェックすることができます。

    Yosemiteのデモ開始。地図を使ってデモしています。地図の中をスクロールしていると、ウィンドウ周辺が半透明に。

    カレンダーは、左に今日のスケジュール、右に全月が表示されるようです。

    メッセージアプリでも、ウィンドウをドラッグするとサイドバーやウィンドウ周辺が半透明に。

    ウィジェットは、もちろん編集してカスタマイズが可能。ここもやはり、半透明デザイン。

    虫眼鏡アイコンクリックで、大きな検索Spotlightがスクリーン真ん中にでます。例えば、Philとタイプすると連絡先や彼からのメールが表示されます。もちろん彼とのスケジュールも。

    ドキュメントを探すのも、より楽ちんに。

    Spotlightに例えば、Numと入れると、アプリであるNumbersとそのファイル(最近ひらいたもの)が表示されます。

    Spotlightで例えば「すし」と検索すると、地図やYelpの情報が表示。Spotlightで映画「ゴジラ」と検索すると、近くの映画館情報やiTunesの情報を表示。

    とにかく、すごく便利になったSpotlightを推しに推しています。

    次、iCloud

    iCloudでフォルダやタブで好きなよう整理整頓して管理できる。もちろん、同期されます。

    次、Mail

    基本を改善。スピード向上など。

    添付の動画や画像が大きい場合、メール送れませんというエラーがでますが、送り先がMacユーザならば5GBまでOKな仕組みに改善。

    PDFや画像に、あれこれ書き込むことも可能。

    次、Safari

    トップ部分を1行にしたことで、コンテンツの場所を大きく確保。今までのような検索やブックマークは、バーに表示ではなく、バーの中(アイコンクリックなど)でできるように。

    サイドバーで簡単に共有も可能。ウィンドウをわけることで、プライヴァシーモードを分けて使えます。

    新safariは、電源も節約。

    パフォーマンスもFirefoxやChromeよりも速い。メールの添付が重くても大丈夫。Javascriptなんて圧勝の早さ。

    ステージには、ブライアンが登場して、safariのデモをします。トップのバーからサイドバーのアイコンをクリックすると、サイドバーが表示されます。

    「タブを使用する場合、いくつタブを増やそうが、横にスクロールしてタブを見ることができます。

    タブアイコンをクリックすると、タイルのように一覧表示され、共有したい時は、トップバーの右にある共有アイコンをクリックするだけ。すぐにメール添付などが可能です」

    「メールする際、マークアップアイコンをクリックすると、写真やPDFに丸や矢印を書き込めます。特定の部分をズームインしたり、文字を書き込むことも可能。つまり、メールアプリ内でマークアップ=書込み作業ができます」

    次。前述したコンティニュイティについて。

    まずは、AirDrop

    MacとiOS間で利用できるように(期待どおり!)

    MacとiPadなど、複数端末間でスムーズに作業を移行できるように。

    コンティニュイティ、つまりシームレス。

    140603wwdc15.jpg

    例えば、メールアプリだと、iPhoneで途中まで書いたメールを、Macで「続きを書く」クリックでそのままスムーズに続きを書くことができます。

    Macで作業していたファイルを、iPadの共有アイコンクリックで、MacであけていたページからそのままiPadで開いて作業の続きができます。

    「iMessegeが複数端末表示になり、iOSで使っていたiMessegeがMacでも見ることができるようになりました。メールだけでなく、なんと電話もできます

    「iPhoneに電話があっても、Macで受け取れます。Macでレストランのホームページを見ていても、Macからそのまま電話ができます。デモしますね」

    140603wwdc10.jpg

    デモではアップルカラオケ大会の企画を相談するという設定で。と、そこでお母さんから電話が(という設定)。

    Macにその電話の着信が表示されます。

    Drドレーーーきた!!!!! Macからドレーに電話するという設定! ドレーにMacから電話しています!

    ドレー電話をとりました。話しています。その様子に会場めちゃくちゃ盛り上がっています。

    「これが、Yosemiteです。新しいデザイン、Spotlightの改善、iCloud、safari、そして複数端末間でのコンティニュイティ。それがYosemiteです。開発者むけに、本日リリースします」

    「もちろん無料。さらに、この夏、ベータ版公開プログラムを開始。これは初の試みです」

    クックCEOがステージに戻ってきました。次は、iOSに話が移ります。

    各iOS端末の出荷台数を発表。すごい数。

    「昨年は既存ユーザにプラスして1億3,000万人が、アップル端末を使い始めました。アップルを使い始めた人の多くは、Androidからの移行なんです」

    「きっと、間違えてAndroidを買っちゃったのかな」(クック言うねぇ!)。

    「iOS 7では、97%のユーザが満足だと回答しているんです」

    140603wwdc11.jpg

    iOS 7は89%のユーザーが使っている。一方Androidの場合、最新OS KitKatを使っているのはたったの9%。多くは4年ほど前のOSを使っている...もう古代レヴェル。また、Androidはマルウェアの危険性も高いです」

    「iOSでは、アップデートを広く展開するという強みがあります」

    iOS 8の発表です!! きたきた!

    「ユーザー面と開発面、どちらも素晴らしいのです」

    ステージには、クレイグが再び登場。説明します。まずは、デザインから。

    通知センターが改善。

    インタラクティブな仕様に。通知がきたとき、アプリから離れることなく通知内で返事することが可能です。

    「OS Xで出てきた、サイドバーやタブのタイル表示などがiOSでも使えるようになります」

    iOSのデモ。ロック画面で、カレンダーの通知がきます。するとロック画面でそのまま操作が可能。

    例えば、iTunesを見ている時にメールの通知がきます。

    iTunesアプリのまま、そこでメールに返信ができます。加えてFBにいいね!もできます。

    また、最近コンタクトをとった人を、ホームボタンダブルタップでまとめて表示することができます。

    食事の招待のメール、メールアプリ内でそのままカレンダーに記入できます。

    メールを書いている最中に、下へスワイプすることで、下書きを保存しつつ、メールのインボックスや他のメールを同時にチェックできます。

    Spotlight... Yosemite同様iOSでもアップグレードしました。ニュース、レストラン、iTunes、ローカルなどなど、あちこちからの検索が可能。

    キーボードQuickTypeが登場。

    「QuickTypeは、次の言葉を予想するもの。QuickTypeは、ユーザーの好みを学ぶため、相手によって予想するワードを変更します」

    次、iOSでもコンティニュイティ

    「iOS端末、iPad間でも、先ほどのYosemiteのようなシームレスな動きが可能に。iPhoneにかかってきた電話をiPadでとったりできます」

    Messageアプリ、グループメッセージの場合、そのグループを退出できる機能が追加。

    音声やビデオメッセージを簡単に送ることも可能に。

    ジャズがステージに。デモを行います。

    メッセージアプリの「Do Not Disturb」ボタンで、賑やかすぎるグループの通知をオフにすることも。

    「メッセージアプリでは、マイクボタンを長押しすることでその間、音声を録音することができます。動画も同じく、もーのすごく簡単です。ちなみに、この音声メッセージは、通知センターでそのまま聞くことも、返信することも可能」

    通知センターのアップグレードがすごい。デモ終了。クレイグがステージに戻ってきました。

    「iCloud Driveは、Yosemite同様Macにあるファイルにもアクセスできます」

    「Device Enrollment Programを紹介。新しい端末を買うと、以前のものと同じように、すでにいろいろインストールされているというもの。でも、セキュリティ、プライバシーもばっちりです」

    次...来ました! 健康に関するもの

    HealthKit

    さまざまな健康関連なぷりの情報をここでまとめてくれます。

    またHealthアプリで、自分の様子をモニタリングすることも可能。

    病院とも連携し、ユーザの様子をモニタリングすることもできます。

    Mayo Clinicが協力し、コメントしています。

    次。家族間の共有機能。

    「ファミリーシェアリングを使うことで、 家族の誰かが購入した音楽や映画を家族みんなで楽しむことができます。1ファミリーシェアリングで6人まで。ちなみに同じクレジットカードを使う必要あります子どもが、これを利用して『この映画みていい?』などと許可を求めるようにもできます」

    iOSのフォトアプリには検索機能が追加。

    ここで、フォトアプリのデモに。フォトアプリ内で、アルバム名から検索しています。

    1枚の写真をえらんで、レベルや明るさを手軽に編集しています。

    自動でバランスをとってくれますが、細かくハイライトやシャドウなどを手動で編集することも可能。

    例えばiPadで写真を編集した場合、もちろんiPhoneでもその編集後の画像をチェックすることができます。

    「この新フォトアプリは、来年にはMacにも対応します」

    先行して、Macでもデモだけしています。

    iCloudの容量が変更。5GB無料。20GBが月0.99ドル。200GBが月3.99ドル。1TBまであり。

    次、Siriのアップグレード。

    ハンズフリーでSiriに命令できます(Google Now、のような感じ)。

    hey Siri」がコマンドに。また、Siriに噂されていたShazam連携も発表されました。再び、クックCEOがステージに。

    140603wwdc16.jpg

    アプリストアについて語ります。

    140503wwdc17.jpg

    「120万アプリ、毎週3億ユーザーが訪問、750億アプリダウンロードされています」

    140603wwdc18.jpg

    ゆえに、Appストアもアップグレードしました。まず、検索機能が向上。トレンド検索も可能になりました。

    検索をスピードアップするため、スクロールをし続けてみることができるような仕様に。また、「エディターズチョイス」のアイコンを加えることで、数あるアプリのなかから欲しいものを探しやすく。

    TestFlightというベータサーヴィスも公開。秋に機能が追加予定。

    クレイグがステージに戻り、SDKの説明を。

    「今年だけで、新たに4,000もの開発API が。アプリ間でサーヴィス展開できるように」

    140603wwdc19.jpg

    それがExtension機能。

    デモでは、フォトアルバムからExtension機能を使い、他アプリで写真を編集。そこから、保存してフォトアルバムにスムーズに戻ってくるというのを行なっています。

    通知センターでも、ウィジェットとして表示しているアプリをExtension機能を使い、通知センター内であれこれ操作できます。

    Safariでも、Extensionを使うことで、翻訳できたり、safariを開いたまま、Pinterestに画像を投稿するなどが可能。

    次。Touch VID

    「Touch ID利用ユーザーが多い。そこで、サードパーティアプリもTouch VIDを使えるようにしました。しかし、TouchIDに登録された指紋情報がサードパーティアプリ渡ることはありません」

    次、HomeKit

    家関係のあれこれをできるアプリ。

    例えば、ガレージのドアをあけるなど、照明を調節するなど、家ものの操作がiPhoneで可能に。

    次、CloudKit

    140603wwdc20.jpg

    Homekitは大手がパートナー企業になっています。

    次はMetal

    これは、開発者が3Dグラフィックを作るのを手助けするツール。つまり、ゲームを作る際に、より作りやすくスムーズにするのを手助けするもの。

    140603wwdc21.jpg

    Epic Gamesの創始者が、Metalのデモをします。Metalを使ってつくったZen Garden

    Zen Gardenのデモ動画が流れます。めっちゃきれい。

    140603wwdc22.jpg

    Zen Gardenでは、桜の木に花をさかせたり、散らしたり、池のコイと戯れたりしています。この動き全てMetalのおかげ。

    動きにものすごく奥行きあり。

    140603wwdc23.jpg

    「iOS 8のリリースにあわせて、Zen Gardenも無料でリリース予定です」

    次、SpriteKit。先ほどの高度なゲームと違って、こちらはカジュアルなパターン。

    「さらに、SceneKitという3Dシーンレンダリング機能のツールも追加。SpriteKitとSceneKitを使えば、もっとカジュアルにゲームが作れます」

    次、より開発向けの話に。長年つかってきた、Objective-Cをやめ、アップルが新たなプログラム言語を打ち出します

    Apple Swiftはより速く安全で相互作用があるプログラム言語。

    「Objective-Cと比べ、ものすごいシンプルなコードで書けます。また、SwiftはC言語、Objective Cと同じアプリで使えるので、今までのコードを捨てる必要はありません。より簡単にアプリが作れるようになるというわけです」

    Swiftって聞いて思い浮かべるもの。その1

    Swiftで簡単でシンプルなアプリから、先ほどのMetalを使った高度な3Dアプリまで作ることが可能。

    Swiftって聞いて思い浮かべるもの。その2

    デモでは、簡単な2Dゲームを制作。

    140603wwdc28.jpg

    デモでSwiftのコードを説明しています(開発者むけ)。

    Swiftって聞いて思い浮かべるもの。その3

    「Swiftプログラムマニュアルは、iBooksでチェックすることができます。iOS 8は、開発者にとって大きなステップとなりそうです。もちろん、一般ユーザーにとってもデザインやインターフェース、Extensionやコンティニュイティ機能でより使いやすくなること間違いなし。iOS 8、ベータ版は今日リリースです」

    クック氏がステージに戻ってきました。まとめに入ります。

    140603wwdc26.jpg

    「OS X、iOS 8。全ての端末、サーヴィスがシームレスに使えることが何よりも大切」

    140603wwdc29.jpg

    「アップルの開発プラットフォーム、端末、サーヴィスは、全て他社にはないシームレスを実現。これはアップルの強みです」

    会場で、アップル関係者を立たせて、感謝の気持ちを述べるクックCEO。

    140603wwdc31.jpg

    「クパティーノのみんなにも感謝。今週のカンファレンスを楽しんでいってください」

    ステージを去るクックCEO。今回は、One More Thingや、ライブコンサートはなしの模様。さっくり終了しました。

    image by 9to5Mac, The Verge

    (そうこ)

      あわせて読みたい

      powered by