Photoshopで世界各国それぞれの「美人」になってみた

Photoshopで世界各国それぞれの「美人」になってみた

美とはなんぞや。

上の画像の女性は、ラジオジャーナリストのEsther Honingさん。 この画像は修正や加工がなされる前のものです。写真を加工する時には、やはりより「美人」に近づけようとするものですが、この「美人」の定義とは、国や人によって違ってくるでしょう。そこで、Estherさんは25カ国ものフォトリタッチ職人に「美人にして」と、写真修正を依頼しました。その結果、なんとも「美人」に大きな違いが現れたのです。肌を整え、髪のトーンを明るくする基本的なものから、アクセサリや服が追加されるなど、そのリタッチの幅はさまざまです。

Estherさんはこのプロジェクトに対して、「どのリタッチも文化と個人それぞれの思う「美」が反映されています。Photoshopのおかげで、普通では手に出来ないレベルの美しさを手にするできるわけですが、一方で、その美しさを世界規模で比較すると、それは錯覚にすぎないと思わされます」と語っています。

140630whatisbeautiful01.jpg
モロッコ

140630whatisbeautiful02.jpg
フィリピン

140630whatisbeautiful03.jpg
アメリカ

140630whatisbeautiful04.jpg
アルゼンチン

140630whatisbeautiful05.jpg
パキスタン

140630whatisbeautiful06.jpg
インド

140630whatisbeautiful07.jpg
イスラエル

140630whatisbeautiful08.jpg
ギリシャ

25カ国全ての画像は、Estherさんのページで見ることができます。残念ながら、日本はありませんでした。

Casey Chan - Gizmodo SPLOID[原文

(そうこ)

    あわせて読みたい

    powered by