まさに神業。スキムボードで制したビッグウェーブ世界記録更新

    まさに神業。スキムボードで制したビッグウェーブ世界記録更新

    みなさん、スキムボードってご存知ですか?

    耳に馴染みのない方も多いのではないかと思いますが、平たくいうとビーチの波打ち際で「スキムボード」と呼ばれる小さな板に乗って水上を滑るスケボーのようなスポーツです。

    具体的には、板を抱えて陸から波に向かって走り、浅瀬に落としたボードに飛び乗って水上を滑りながら陸へ戻ってくるというもの。打ち寄せる波に対してスケボーのように技を決めたりすることもあります。

    そんな小波用の板を使い、メキシコのプエルト・エスコンディードでスキムボードとしては史上最大のビッグウェーブを乗りこなしたスキムボーダーがいます。それが、この動画のBrad Domkeさん。

    スキムボードの板は長さ120〜140cmとサーフィンのショートボードよりもかなり短く、さらにフィンがついていないためコントロールはエッジ(中央から後ろのへり)のみで行います。ビッグウェーブを掴んで乗りこなすのは、見た目よりもはるかに難しいんです。

    スキムボードを知る人たちからは

    「一体どうしたらこの波を掴めるんだ!?」

    「ホント尋常じゃない! フィンがないんだよ!」

    「こんなバカな… スキムボードだよ…」

    といった驚愕のコメントが次々と寄せられており、早くも今年の「Wave of the Year」になるだろうと囁かれています。

    James Baker - Gizmodo SPLOID[原文

    (Rumi)

      あわせて読みたい