極寒の美しさに思わず息をのむ「北極圏サーフィン」

    極寒の美しさに思わず息をのむ「北極圏サーフィン」

    雲。刺すような寒気。オーロラ。サーファーが波乗りのポイントを選ぶとき、北極圏を選ぶことはまずないでしょう。

    この動画は、果敢にも氷点下でサーフィンに挑むプロサーファーたちをフィルムにおさめるために、写真家クリス・バーカードさんが北極圏へ行ったときに撮影されたもの。

    バーカードさんは語ります。

    「僕にとって写真とは『解放』を意味する。僕はこの目で見れる美しさに浸りたかった。カメラを手にしてすぐ、これは世界を体験しに行くために僕を運んでくれる『乗り物』になるかもしれないと思ったよ」

    もともと旅好きで、かつ寒水信者だというバーカードさん。北極圏はまるで月かどこかを歩いているような感覚になるほどの異世界だったといいます。カリフォルニアやハワイとは全く異質な美しさや自然との対峙。一度体験したらサーフィンの世界観そのものが変わるかもしれません。

    James Baker - Gizmodo SPLOID[原文

    (Rumi)

      あわせて読みたい

      powered by