カワイイとクールのバランスがサイコーなアウトドアウォッチ「SUUNTO CORE CRUSH」

カワイイとクールのバランスがサイコーなアウトドアウォッチ「SUUNTO CORE CRUSH」

この記事は協力メディア「geared」からの転載です。

高度計、気圧計やコンパス、温度計などを備えたSUUNTO(スント)のアウトドアウォッチの中核モデルと言える COREコレクション。COREコレクションにもさまざまなデザインのバリエーションがありますが、中ではもっともカジュアルな印象だったCORE CRUSHシリーズに新しいモデルが登場します。

140730Crush-Lime.png
LIME。

新しいCORE CRUSHの特徴は、まずブラックのヘアラインステンレスによるベゼル。従来のCORE CRUSHのベゼルはコンパスの目盛りが刻まれていて、それはそれでアウトドアウォッチらしくてよいのですが、今回のデザインは非常にクリーンでスタイリッシュ。COREの上位モデルであるCORE ALUを思わせるようなミニマルなベゼルになっていました。

140730Crush-White.png
WHITE。

その一方で、CORE CRUSHらしく、ストラップにはカラフルなシリコンを採用。LIME、WHITE、CORAL、GRAYの4色があって、それぞれに、ストラップとベゼルの文字色を対称的にしているところに、こだわりが感じられます。

140730Crush-Coral.png
CORAL。

SUUNTOの各コレクションの中でCOREコレクションの魅力は、多彩な機能がウォッチ単体で完結しているところだと思います。SUUNTO AMBITのようにさまざまな外部センサーと連動したり、Webサービスにデータをアップしたりといったネットワーク機能がない代わりに、必要十分な機能(といってもかなりの多機能ですが)をコンパクトにパッケージしていて、あくまでもウォッチとしての完成度の高さを志向しているように思います。

がっつりアクティビティログを取って分析したり、ネットでシェアしたりしたいという人じゃなければ、COREコレクションは非常に賢い選択肢と言えると思います。

今回の新しいCORE CRUSHの登場で、デザイン的にもCOREを選ぶ層が広がるかもしれません。

140730Crush-Gray.png
GRAY。

Presented by geared

(gearedエディター)

    あわせて読みたい

    powered by