世界一高い建設現場、632メートルのビルに設置された凍結クレーンに登る男

    世界一高い建設現場、632メートルのビルに設置された凍結クレーンに登る男

    ハート強すぎ。

    Ivan Kuznetsovさんが立っているのは、632メートルの高さを誇る高層ビル「上海タワー」の頂上に設置された世界一高い建設現場。しかも、ただの建設現場ではありません。よく見るとクレーンの周りに積雪しているのが分かりますでしょうか? これ、一歩間違えば転落死ですよ…(震)。

    Ivanさんは、凍結していない時期に登った人を見て、自分なりのベストを尽くしたようです。ってそっちの方向スか!

    というわけで、夏休みの怪談話とは別の意味で背筋が凍るようなチャレンジの数々をどうぞ。

    140819ivan_02.jpg

    ちなみに、凍結した滑りやすい場所フェチというわけではないので普通の写真もあります。って書きながら思いましたけど、冷静に考えると全然普通じゃないですね…。

    140819ivan_03.jpg

    140819ivan_04.jpg

    140819ivan_05.jpg

    Jesus Diaz - Gizmodo SPLOID[原文

    (Rumi)

      あわせて読みたい