18金のApple Watch Editionは約13万円になるかもしれない

    18金のApple Watch Editionは約13万円になるかもしれない

    高い? 安い?

    9月10日のイヴェントで発表された新しいアップルのスマートウォッチApple Watch。中でも一際大きな存在感を放っていたハイエンドなEditionモデルの価格について、TechCrunchが次のようなことを報じています。どうやらApple Watch Editionに使われている18金の素材に詳しい人の話によると、Editionモデルは1,200ドル(約13万円)におよぶかもしれないそうなんです。

    さらに時計のエキスパートChad Rickickiさんいわく、Apple Watch Editionの形や大きさを決めているケース部分は600ドル(約6万5,000円)の制作コストがかかるのではと予想されています。

    アップルのサイトには、「Apple Watch Editionで使われている18金の素材は、スタンダードな金と比べて2倍の硬度を持っている」という説明があり、なかなかの耐久性を持っている模様。加えてベルトも同じ18金素材で統一しようものなら…結構なお値段になるのは間違いなさそう。

    そういえば先日、iPhone 6の128GBモデルがMacBook Airよりも高いという驚愕の事実が話題になりましたが、この噂が本当ならApple Watch EditionはMacBook Proよりも高くなりそうな感じです…。

    source: TechCrunch via MacRumors

    (今野愛菜)

      あわせて読みたい

      powered by