Apple Watchは左利きの人でも大丈夫みたい

    Apple Watchは左利きの人でも大丈夫みたい

    左利きの人も大丈夫。

    Apple Watch(アップルウォッチ)は、キーノートや紹介動画を見る限り、左腕に着けて右側に付いている「デジタルクラウン」やボタンを操作するという形でした。でも「左利きの人」は時計を右腕に着ける人がほとんど。もちろん左腕に着ける人もいますが、タップやボタンを操作するのであれば、利き腕を使いたいですよね。

    SlashGearによると、Apple Watchを起動してセットアップする際に、右腕にも着けられるように画面の方向を変えることができるみたいですよ。しかも時計のストラップも逆に取り替えができるので、右手に着けたり取り外したりするのも、手こずる心配は無いようです。

    それでもデジタルクラウンとボタンの位置は上下入れ替わってしまうので、少し慣れる必要があるのかも。イノヴェーションは時に少数派に残酷ですが、なんとか使えそうです。

    source: SlashGear

    (徳永智大)

      あわせて読みたい