NYCで1番大きなコンベンションセンターの屋上は、緑で溢れている

NYCで1番大きなコンベンションセンターの屋上は、緑で溢れている

道路からはわからない秘密の屋上。

ニューヨークはマンハッタンにあるジャビッツ・コンベンンション・センター(Jacob K. Javits Convention Center)は、ニューヨークでも最大級のイベントが多く催されれている場所です。毎年来場者200万人を誇る街の人なら誰もが知るビッグセンター。が、あまり知られていないのが、その屋上が緑で溢れているということ。

140828greenroof01.jpg

屋上に緑が広がったのはこの春のこと。あちこちリノヴェーションが行なわれましたが、この屋上が最も変化した場所でしょう。6.75エーカー(約2,590平方メートル)の屋上いっぱいに広がった庭は、年間680万ガロン(約2,574万リットル)の水を集めるプロジェクトのため。このプロジェクトは、今回改修された他の箇所とあわせて、建物の仕様電力を26パーセント削減するのが目的です。

140828greenroof02.jpg

屋上の緑の庭を歩くこともでいますが、踏み込んでいい場所は、細くしかれたタイルの上だけ。草木の上は侵入禁止になっています。これまた、タイルも館内の空調システムに一役買う仕組みになっています。

140828greenroof03.jpg

改修では、加えて新たに6,000枚のガラスパネルが採用されており、より館内に光を取り込み明るくすることで、センターの大きな問題の1つだった鳥激突を防ぐねらいもあります。

140828greenroof04.jpg

改修コスト4億6,000万(約460億円)は、ジャビッツセンターにも、街にも、そして周辺環境にもWINWINな関係を作るため。このような改修は、近年増えてきているのではないでしょうか。

Nicholas Stango - Gizmodo US[原文

(そうこ)

    あわせて読みたい

    powered by