グーグル、新しいメッセージング・サービスを製作中?

グーグル、新しいメッセージング・サービスを製作中?

まだ噂の域を出ませんが…。

The Economic Timesによると、どうやら現在グーグルはHangoutに次ぐ新たなメッセージング・サービスを作っている最中で、その内容はWhatsAppに近いものになるんだそう。WhatsAppといえばLINEに似たスタイルのメッセージング・アプリで欧米でスタンダードなものです。

では、どうしてグーグルが今メッセージング・アプリに参入するのかというと、どうやらインドなどの新興市場を狙っているからなんだそう。

さらに、このメッセージング・アプリはグーグルのアカウントを使ってログインしなくても使えるようです。これも、新たな市場での普及を意識してのことでしょう。WhatsAppも新興市場を狙って成功したアプリの1つですから、この戦略は悪くない判断といえそうです。

グーグルがメッセージング・アプリを出せばかなり普及しそうな気がしするものの、本当にユーザが必要としているのは新たなメッセージング・アプリなんでしょうか? 実際は、無数に存在するメッセージング・サービスを一括に統合する方が、新たなアプリに登録することよりも理想的な気がします。

「人づきあいの悪い自分がGoogle 担当したのが間違いだった」と担当者を泣かせたグーグル。新しいサービスは上手く行くんでしょうか。

いずれにせよ、まずはこの新たなアプリの出来を見て判断したいところですね。

source: The Economic Times

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(daiya)

    あわせて読みたい

    powered by