ハンドオフ機能が使えない時の対処法

    ハンドオフ機能が使えない時の対処法

    「とりあえずON・OFF」が合言葉。

    せっかくOS X YosemiteとiOS 8にアップデートしたのに、ハンドオフ機能が使えない! 新ソフトウェアに不満と失望を感じてしまっている方に朗報です。アップルからのヘルプをもとに、米GizmodoのAdam記者がどうすればこの問題を解決できるかを示してくれました。対処法はとてもシンプル。以下のようにすればおそらく大丈夫なはずです。

    1. お使いのMacとモバイルデヴァイスのハンドオフ機能をONにしておく。
    2. Bluetoothを一旦OFFにして、その後ONに。
    3. 全デヴァイスのiCloudからサインアウトして、その後再ログイン。

    ハンドオフはiCloudのアカウントを用いて、どのデヴァイスでハンドオフするのかを認識するため、第3ステップが一番大事なパートとなっています。なぜかはわかりませんが、いくらかのユーザアカウントは、同期するまでにいろいろ試してみないといけないみたいです。なので少し面倒ですが、もしもハンドオフ機能が使えない場合、iCloudからサインアウト・再サインインのステップは必ず行ってみてください。

    またこれ以外でも問題は起こるようです。Adam記者の同僚は、ハンドオフした後、メッセージアプリからテキストをやり取りすることができませんでした。しかし、「設定」「メッセージ」「メッセージ転送」をON・OFFしたらできるようになったそう。このON・OFFが鍵のようですね。

    使ってみると、とても便利なハンドオフ機能ですが、使えないユーザからしたら逆にイライラしてしまうかもしれません。このステップを試して、それでも使えないようでしたら、アップルにコンタクトをとってみるのも1つの手かもしれません。

    Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文

    (Tomo)

      あわせて読みたい

      powered by